明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。 最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。 元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。 天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。

Property Value
dbo:abstract
  • 明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。 最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。 元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。 天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。 (ja)
  • 明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。 最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。 元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。 天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。 (ja)
dbo:alias
  • 渾名:キンカ頭、キンク天顋、三日天下様(死後)、荒深小五郎 (ja)
  • 前日洲条鉄光秀居士 (ja)
  • 号:咲庵 (ja)
  • 秀岳院宗光禅定門 (ja)
  • 長存寺殿明窓玄智大禅定門 (ja)
  • あだ名:キンカ頭 (ja)
  • 輝雲道琇禅定門 (ja)
  • 雅号:咲庵 (ja)
  • 鳳岳院殿輝雲道琇大禅定門 (ja)
  • 明智彦太郎(幼名)→光秀→惟任光秀 (ja)
  • 幼名:彦太郎、明智光秀→惟任光秀 (ja)
  • 通称:十兵衛、惟任日向守 (ja)
  • 渾名:キンカ頭、キンク天顋、三日天下様(死後)、荒深小五郎 (ja)
  • 前日洲条鉄光秀居士 (ja)
  • 号:咲庵 (ja)
  • 秀岳院宗光禅定門 (ja)
  • 長存寺殿明窓玄智大禅定門 (ja)
  • あだ名:キンカ頭 (ja)
  • 輝雲道琇禅定門 (ja)
  • 雅号:咲庵 (ja)
  • 鳳岳院殿輝雲道琇大禅定門 (ja)
  • 明智彦太郎(幼名)→光秀→惟任光秀 (ja)
  • 幼名:彦太郎、明智光秀→惟任光秀 (ja)
  • 通称:十兵衛、惟任日向守 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 17262 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 59321 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 72425 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81626221 (xsd:integer)
  • 86590050 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
  • 2016 (xsd:integer)
  • --11-11
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:一次資料
  • --11-11
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 光秀、信教 、進士貞連(作左衛門) 、康秀、定明、定衡、御ツマキ (ja)
  • 光秀、信教 、進士貞連(作左衛門) 、康秀、定明、定衡、御ツマキ (ja)
prop-ja:別名
  • dbpedia-ja:仮名_(通称)
  • 渾名:キンカ頭、キンク天顋、三日天下様(死後)、荒深小五郎 (ja)
  • 号:咲庵 (ja)
  • あだ名:キンカ頭 (ja)
  • 雅号:咲庵 (ja)
prop-ja:墓所
  • 高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町) (ja)
  • 山県市中洞(岐阜県山県市) (ja)
  • 西教寺(滋賀県大津市) (ja)
  • 谷性寺(京都府亀岡市) (ja)
  • 高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町) (ja)
  • 山県市中洞(岐阜県山県市) (ja)
  • 西教寺(滋賀県大津市) (ja)
  • 谷性寺(京都府亀岡市) (ja)
prop-ja:
  • 正室:煕子(妻木範煕女) (ja)
  • 正室:煕子(妻木範煕女) (ja)
prop-ja:
  • 光慶、玉(細川忠興正室)、自然 ほか[[#.E5.AD.90.E5.A5.B3 (ja)
  • 光慶、玉(細川忠興正室)、ほか[[#.E5.AD.90.E5.A5.B3 (ja)
  • 光慶、玉(細川忠興正室)、自然 ほか[[#.E5.AD.90.E5.A5.B3 (ja)
  • 光慶、玉(細川忠興正室)、ほか[[#.E5.AD.90.E5.A5.B3 (ja)
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 前日洲条鉄光秀居士 (ja)
  • 秀岳院宗光禅定門 (ja)
  • 長存寺殿明窓玄智大禅定門 (ja)
  • 輝雲道琇禅定門 (ja)
  • 鳳岳院殿輝雲道琇大禅定門 (ja)
  • 前日洲条鉄光秀居士 (ja)
  • 秀岳院宗光禅定門 (ja)
  • 長存寺殿明窓玄智大禅定門 (ja)
  • 輝雲道琇禅定門 (ja)
  • 鳳岳院殿輝雲道琇大禅定門 (ja)
prop-ja:改名
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-13
prop-ja:氏名
  • 明智光秀 (ja)
  • 明智光秀 (ja)
prop-ja:氏族
  • 源姓土岐氏流明智氏(惟任賜姓) (ja)
  • 源姓土岐氏流明智氏(惟任賜姓) (ja)
prop-ja:父母
  • 母:お牧の方 (ja)
  • 父:明智光綱 (ja)
  • 養父:明智光安又は明智頼明 (ja)
  • 母:不詳。お牧の方(武田信豊娘、一説に進士信連娘)とも (ja)
  • 父:不詳。明智光綱とも (ja)
  • 養父:明智光安または明智頼明 (ja)
  • 母:お牧の方 (ja)
  • 父:明智光綱 (ja)
  • 養父:明智光安又は明智頼明 (ja)
  • 母:不詳。お牧の方(武田信豊娘、一説に進士信連娘)とも (ja)
  • 父:不詳。明智光綱とも (ja)
  • 養父:明智光安または明智頼明 (ja)
prop-ja:生誕
  • --06-14
prop-ja:画像
  • Akechi Mituhide2.jpg (ja)
  • Akechi Mitsuhide2.jpg (ja)
  • Akechi Mituhide2.jpg (ja)
  • Akechi Mitsuhide2.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 明智光秀像(本徳寺蔵) (ja)
  • 明智光秀像(本徳寺蔵) (ja)
prop-ja:精度
  • --11-11
prop-ja:雑多
  • --11-11
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。 最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。 元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。 天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。 (ja)
  • 明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。 最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。 元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。 天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝・羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。 (ja)
rdfs:label
  • 明智光秀 (ja)
  • 明智光秀 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 明智光秀 (ja)
  • 明智光秀 (ja)
is dbo:bandMember of
is dbo:child of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:revamp of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of