搦手門(からめてもん)は城門の一つで、大手門に対して開かれる搦手口の門。 有事の際には、領主などはここから城外や外郭へ逃げられるようになっていた。建物自体は、小型で狭く目立たない仕様であることも少なくなく、櫓門、埋門ではなく小型の冠木門を建てるのみということもあったというが、きわめて厳重で大手門などの大きな虎口に比べて少人数で警備できるように設計してあった。橋は、木橋であることが多い。

Property Value
dbo:abstract
  • 搦手門(からめてもん)は城門の一つで、大手門に対して開かれる搦手口の門。 有事の際には、領主などはここから城外や外郭へ逃げられるようになっていた。建物自体は、小型で狭く目立たない仕様であることも少なくなく、櫓門、埋門ではなく小型の冠木門を建てるのみということもあったというが、きわめて厳重で大手門などの大きな虎口に比べて少人数で警備できるように設計してあった。橋は、木橋であることが多い。 (ja)
  • 搦手門(からめてもん)は城門の一つで、大手門に対して開かれる搦手口の門。 有事の際には、領主などはここから城外や外郭へ逃げられるようになっていた。建物自体は、小型で狭く目立たない仕様であることも少なくなく、櫓門、埋門ではなく小型の冠木門を建てるのみということもあったというが、きわめて厳重で大手門などの大きな虎口に比べて少人数で警備できるように設計してあった。橋は、木橋であることが多い。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1165722 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 475 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76695055 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 搦手門(からめてもん)は城門の一つで、大手門に対して開かれる搦手口の門。 有事の際には、領主などはここから城外や外郭へ逃げられるようになっていた。建物自体は、小型で狭く目立たない仕様であることも少なくなく、櫓門、埋門ではなく小型の冠木門を建てるのみということもあったというが、きわめて厳重で大手門などの大きな虎口に比べて少人数で警備できるように設計してあった。橋は、木橋であることが多い。 (ja)
  • 搦手門(からめてもん)は城門の一つで、大手門に対して開かれる搦手口の門。 有事の際には、領主などはここから城外や外郭へ逃げられるようになっていた。建物自体は、小型で狭く目立たない仕様であることも少なくなく、櫓門、埋門ではなく小型の冠木門を建てるのみということもあったというが、きわめて厳重で大手門などの大きな虎口に比べて少人数で警備できるように設計してあった。橋は、木橋であることが多い。 (ja)
rdfs:label
  • 搦手門 (ja)
  • 搦手門 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of