成人映画(せいじんえいが)は、日本のレイティングシステムによる映画のジャンルであり、映画倫理委員会(映倫)、あるいはその前身の映画倫理規程管理委員会が、「18歳未満の者の鑑賞には不適当」と認め「成人向け」と指定した映画群である。18歳未満の入場が制限される。時代・社会情勢によってその定義、範疇は変化しており、必ずしも「ポルノグラフィックな映画」「ポルノ映画」を意味せず、「反社会的な映画」「残虐な映画」として「成人映画」に指定される作品も存在する。 2009年(平成21年)4月23日に映倫が制定した、現行の「映画倫理綱領」および「映画の区分と審査方針」には、「成人映画」「成人向け」の表現は存在しない。 * 日本を含めた一般的な意味でのポルノグラフィックな映画( Pornographic film )については、「ポルノ映画」を参照 * 日本の成人映画・ポルノ映画のうち、独立系映画の総称については、「ピンク映画」を参照

Property Value
dbo:abstract
  • 成人映画(せいじんえいが)は、日本のレイティングシステムによる映画のジャンルであり、映画倫理委員会(映倫)、あるいはその前身の映画倫理規程管理委員会が、「18歳未満の者の鑑賞には不適当」と認め「成人向け」と指定した映画群である。18歳未満の入場が制限される。時代・社会情勢によってその定義、範疇は変化しており、必ずしも「ポルノグラフィックな映画」「ポルノ映画」を意味せず、「反社会的な映画」「残虐な映画」として「成人映画」に指定される作品も存在する。 2009年(平成21年)4月23日に映倫が制定した、現行の「映画倫理綱領」および「映画の区分と審査方針」には、「成人映画」「成人向け」の表現は存在しない。 * 日本を含めた一般的な意味でのポルノグラフィックな映画( Pornographic film )については、「ポルノ映画」を参照 * 日本の成人映画・ポルノ映画のうち、独立系映画の総称については、「ピンク映画」を参照 (ja)
  • 成人映画(せいじんえいが)は、日本のレイティングシステムによる映画のジャンルであり、映画倫理委員会(映倫)、あるいはその前身の映画倫理規程管理委員会が、「18歳未満の者の鑑賞には不適当」と認め「成人向け」と指定した映画群である。18歳未満の入場が制限される。時代・社会情勢によってその定義、範疇は変化しており、必ずしも「ポルノグラフィックな映画」「ポルノ映画」を意味せず、「反社会的な映画」「残虐な映画」として「成人映画」に指定される作品も存在する。 2009年(平成21年)4月23日に映倫が制定した、現行の「映画倫理綱領」および「映画の区分と審査方針」には、「成人映画」「成人向け」の表現は存在しない。 * 日本を含めた一般的な意味でのポルノグラフィックな映画( Pornographic film )については、「ポルノ映画」を参照 * 日本の成人映画・ポルノ映画のうち、独立系映画の総称については、「ピンク映画」を参照 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 199875 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26273 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80686880 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 成人映画(せいじんえいが)は、日本のレイティングシステムによる映画のジャンルであり、映画倫理委員会(映倫)、あるいはその前身の映画倫理規程管理委員会が、「18歳未満の者の鑑賞には不適当」と認め「成人向け」と指定した映画群である。18歳未満の入場が制限される。時代・社会情勢によってその定義、範疇は変化しており、必ずしも「ポルノグラフィックな映画」「ポルノ映画」を意味せず、「反社会的な映画」「残虐な映画」として「成人映画」に指定される作品も存在する。 2009年(平成21年)4月23日に映倫が制定した、現行の「映画倫理綱領」および「映画の区分と審査方針」には、「成人映画」「成人向け」の表現は存在しない。 * 日本を含めた一般的な意味でのポルノグラフィックな映画( Pornographic film )については、「ポルノ映画」を参照 * 日本の成人映画・ポルノ映画のうち、独立系映画の総称については、「ピンク映画」を参照 (ja)
  • 成人映画(せいじんえいが)は、日本のレイティングシステムによる映画のジャンルであり、映画倫理委員会(映倫)、あるいはその前身の映画倫理規程管理委員会が、「18歳未満の者の鑑賞には不適当」と認め「成人向け」と指定した映画群である。18歳未満の入場が制限される。時代・社会情勢によってその定義、範疇は変化しており、必ずしも「ポルノグラフィックな映画」「ポルノ映画」を意味せず、「反社会的な映画」「残虐な映画」として「成人映画」に指定される作品も存在する。 2009年(平成21年)4月23日に映倫が制定した、現行の「映画倫理綱領」および「映画の区分と審査方針」には、「成人映画」「成人向け」の表現は存在しない。 * 日本を含めた一般的な意味でのポルノグラフィックな映画( Pornographic film )については、「ポルノ映画」を参照 * 日本の成人映画・ポルノ映画のうち、独立系映画の総称については、「ピンク映画」を参照 (ja)
rdfs:label
  • 成人映画 (ja)
  • 成人映画 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of