感覚(かんかく) 1. * 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用、分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 2. * 用法として、高次な認知の仕方(・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では……」「新感覚」)。 以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。

Property Value
dbo:abstract
  • 感覚(かんかく) 1. * 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用、分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 2. * 用法として、高次な認知の仕方(・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では……」「新感覚」)。 以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。 (ja)
  • 感覚(かんかく) 1. * 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用、分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 2. * 用法として、高次な認知の仕方(・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では……」「新感覚」)。 以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 88986 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 8221 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80990919 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 感覚(かんかく) 1. * 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用、分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 2. * 用法として、高次な認知の仕方(・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では……」「新感覚」)。 以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。 (ja)
  • 感覚(かんかく) 1. * 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用、分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学、認知科学、認知心理学、哲学がある。 2. * 用法として、高次な認知の仕方(・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では……」「新感覚」)。 以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。 (ja)
rdfs:label
  • 感覚 (ja)
  • 感覚 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of