恩馳島(おんばせじま)とは伊豆諸島に属する無人島。神津島の西南西にあり、大きい2つの岩礁とそのほか多数の小岩礁群とからなり総称して恩馳島と言う。大きい2島の内、北東側の島(通称オオジマ)の南面には恩馳神社が鎮座する。神津島からは遊漁船で約20分の位置にある。アシカ島の別名もあり、かつてはニホンアシカの棲息地の一つであった。 周辺は潮流が速く好漁場となっている。漁師が時化に遭ったときはこの島に避難して、神津島に帰郷の思いを馳せていたことからこの島の名前がついたとされる。その他、古くから黒曜石を産する。カンムリウミスズメの生息地として著名である。 1991年頃にフジテレビの深夜番組1or8で、ロケ地となったことがある。

Property Value
dbo:abstract
  • 恩馳島(おんばせじま)とは伊豆諸島に属する無人島。神津島の西南西にあり、大きい2つの岩礁とそのほか多数の小岩礁群とからなり総称して恩馳島と言う。大きい2島の内、北東側の島(通称オオジマ)の南面には恩馳神社が鎮座する。神津島からは遊漁船で約20分の位置にある。アシカ島の別名もあり、かつてはニホンアシカの棲息地の一つであった。 周辺は潮流が速く好漁場となっている。漁師が時化に遭ったときはこの島に避難して、神津島に帰郷の思いを馳せていたことからこの島の名前がついたとされる。その他、古くから黒曜石を産する。カンムリウミスズメの生息地として著名である。 1991年頃にフジテレビの深夜番組1or8で、ロケ地となったことがある。 (ja)
  • 恩馳島(おんばせじま)とは伊豆諸島に属する無人島。神津島の西南西にあり、大きい2つの岩礁とそのほか多数の小岩礁群とからなり総称して恩馳島と言う。大きい2島の内、北東側の島(通称オオジマ)の南面には恩馳神社が鎮座する。神津島からは遊漁船で約20分の位置にある。アシカ島の別名もあり、かつてはニホンアシカの棲息地の一つであった。 周辺は潮流が速く好漁場となっている。漁師が時化に遭ったときはこの島に避難して、神津島に帰郷の思いを馳せていたことからこの島の名前がついたとされる。その他、古くから黒曜石を産する。カンムリウミスズメの生息地として著名である。 1991年頃にフジテレビの深夜番組1or8で、ロケ地となったことがある。 (ja)
dbo:country
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 733265 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1945 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79674650 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • 東京都神津島村 (ja)
  • 東京都神津島村 (ja)
prop-ja:地図
  • Japan (ja)
  • Japan (ja)
prop-ja:標高
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:海域
prop-ja:画像
prop-ja:経度分
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 139 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:面積
  • 0.040000 (xsd:double)
dct:subject
georss:point
  • 34.18666666666667 139.07638888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • 恩馳島(おんばせじま)とは伊豆諸島に属する無人島。神津島の西南西にあり、大きい2つの岩礁とそのほか多数の小岩礁群とからなり総称して恩馳島と言う。大きい2島の内、北東側の島(通称オオジマ)の南面には恩馳神社が鎮座する。神津島からは遊漁船で約20分の位置にある。アシカ島の別名もあり、かつてはニホンアシカの棲息地の一つであった。 周辺は潮流が速く好漁場となっている。漁師が時化に遭ったときはこの島に避難して、神津島に帰郷の思いを馳せていたことからこの島の名前がついたとされる。その他、古くから黒曜石を産する。カンムリウミスズメの生息地として著名である。 1991年頃にフジテレビの深夜番組1or8で、ロケ地となったことがある。 (ja)
  • 恩馳島(おんばせじま)とは伊豆諸島に属する無人島。神津島の西南西にあり、大きい2つの岩礁とそのほか多数の小岩礁群とからなり総称して恩馳島と言う。大きい2島の内、北東側の島(通称オオジマ)の南面には恩馳神社が鎮座する。神津島からは遊漁船で約20分の位置にある。アシカ島の別名もあり、かつてはニホンアシカの棲息地の一つであった。 周辺は潮流が速く好漁場となっている。漁師が時化に遭ったときはこの島に避難して、神津島に帰郷の思いを馳せていたことからこの島の名前がついたとされる。その他、古くから黒曜石を産する。カンムリウミスズメの生息地として著名である。 1991年頃にフジテレビの深夜番組1or8で、ロケ地となったことがある。 (ja)
rdfs:label
  • 恩馳島 (ja)
  • 恩馳島 (ja)
geo:geometry
  • POINT(139.07638549805 34.186668395996)
geo:lat
  • 34.186668 (xsd:float)
geo:long
  • 139.076385 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of