快速急行(かいそくきゅうこう)とは、日本の私鉄で運行されている列車種別のひとつであり、英語表記はRapid Express。また事業者によっては日本語表記が快急、英語表記がRapid Exp.と略されることもある。 特急と急行の中間に相当する種別であり、停車駅は基本的に特急より多く (例外あり)、急行より少なく設定される。特急の補完あるいは急行の速達化を目的に設けられるが、特急・急行のどちらに近い種別と位置付けられるかは事業者・路線によって異なる。なお同時に運行している特急が有料列車のみであるときは、料金が別にかからない列車としては最速達種別 (JRにおける「特別快速」もしくは「新快速」に相当する種別)となる。なお急行が運行されない路線(あるいはその停車駅が多い路線)では代わりに料金不要の特急が運行され、その上位種別として同じく料金不要の「快速特急」「快特」が運行されるケースもある (快速特急と快速急行が併存している路線も存在する)。 定期列車では南海電気鉄道が1958年(昭和33年)に設定したことが始まり(臨時列車を含めれば前年の1957年に小田急電鉄で運転開始)とされ、以降1972年(昭和47年)に近畿日本鉄道、1976年(昭和51年)に東武鉄道でも設定されたのが初期の例として挙げられる。 各社の運行状況は以下の項目を参照のこと。

Property Value
dbo:abstract
  • 快速急行(かいそくきゅうこう)とは、日本の私鉄で運行されている列車種別のひとつであり、英語表記はRapid Express。また事業者によっては日本語表記が快急、英語表記がRapid Exp.と略されることもある。 特急と急行の中間に相当する種別であり、停車駅は基本的に特急より多く (例外あり)、急行より少なく設定される。特急の補完あるいは急行の速達化を目的に設けられるが、特急・急行のどちらに近い種別と位置付けられるかは事業者・路線によって異なる。なお同時に運行している特急が有料列車のみであるときは、料金が別にかからない列車としては最速達種別 (JRにおける「特別快速」もしくは「新快速」に相当する種別)となる。なお急行が運行されない路線(あるいはその停車駅が多い路線)では代わりに料金不要の特急が運行され、その上位種別として同じく料金不要の「快速特急」「快特」が運行されるケースもある (快速特急と快速急行が併存している路線も存在する)。 定期列車では南海電気鉄道が1958年(昭和33年)に設定したことが始まり(臨時列車を含めれば前年の1957年に小田急電鉄で運転開始)とされ、以降1972年(昭和47年)に近畿日本鉄道、1976年(昭和51年)に東武鉄道でも設定されたのが初期の例として挙げられる。 日本国有鉄道およびJRでは快速と急行が混ざっており、急行料金を必要とする急行と、普通車の自由席は料金不要の快速との間で混乱をきたす恐れがあるため使用していない。 各社の運行状況は以下の項目を参照のこと。 (ja)
  • 快速急行(かいそくきゅうこう)とは、日本の私鉄で運行されている列車種別のひとつであり、英語表記はRapid Express。また事業者によっては日本語表記が快急、英語表記がRapid Exp.と略されることもある。 特急と急行の中間に相当する種別であり、停車駅は基本的に特急より多く (例外あり)、急行より少なく設定される。特急の補完あるいは急行の速達化を目的に設けられるが、特急・急行のどちらに近い種別と位置付けられるかは事業者・路線によって異なる。なお同時に運行している特急が有料列車のみであるときは、料金が別にかからない列車としては最速達種別 (JRにおける「特別快速」もしくは「新快速」に相当する種別)となる。なお急行が運行されない路線(あるいはその停車駅が多い路線)では代わりに料金不要の特急が運行され、その上位種別として同じく料金不要の「快速特急」「快特」が運行されるケースもある (快速特急と快速急行が併存している路線も存在する)。 定期列車では南海電気鉄道が1958年(昭和33年)に設定したことが始まり(臨時列車を含めれば前年の1957年に小田急電鉄で運転開始)とされ、以降1972年(昭和47年)に近畿日本鉄道、1976年(昭和51年)に東武鉄道でも設定されたのが初期の例として挙げられる。 日本国有鉄道およびJRでは快速と急行が混ざっており、急行料金を必要とする急行と、普通車の自由席は料金不要の快速との間で混乱をきたす恐れがあるため使用していない。 各社の運行状況は以下の項目を参照のこと。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 18463 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29155 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88195404 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 快速急行(かいそくきゅうこう)とは、日本の私鉄で運行されている列車種別のひとつであり、英語表記はRapid Express。また事業者によっては日本語表記が快急、英語表記がRapid Exp.と略されることもある。 特急と急行の中間に相当する種別であり、停車駅は基本的に特急より多く (例外あり)、急行より少なく設定される。特急の補完あるいは急行の速達化を目的に設けられるが、特急・急行のどちらに近い種別と位置付けられるかは事業者・路線によって異なる。なお同時に運行している特急が有料列車のみであるときは、料金が別にかからない列車としては最速達種別 (JRにおける「特別快速」もしくは「新快速」に相当する種別)となる。なお急行が運行されない路線(あるいはその停車駅が多い路線)では代わりに料金不要の特急が運行され、その上位種別として同じく料金不要の「快速特急」「快特」が運行されるケースもある (快速特急と快速急行が併存している路線も存在する)。 定期列車では南海電気鉄道が1958年(昭和33年)に設定したことが始まり(臨時列車を含めれば前年の1957年に小田急電鉄で運転開始)とされ、以降1972年(昭和47年)に近畿日本鉄道、1976年(昭和51年)に東武鉄道でも設定されたのが初期の例として挙げられる。 各社の運行状況は以下の項目を参照のこと。 (ja)
  • 快速急行(かいそくきゅうこう)とは、日本の私鉄で運行されている列車種別のひとつであり、英語表記はRapid Express。また事業者によっては日本語表記が快急、英語表記がRapid Exp.と略されることもある。 特急と急行の中間に相当する種別であり、停車駅は基本的に特急より多く (例外あり)、急行より少なく設定される。特急の補完あるいは急行の速達化を目的に設けられるが、特急・急行のどちらに近い種別と位置付けられるかは事業者・路線によって異なる。なお同時に運行している特急が有料列車のみであるときは、料金が別にかからない列車としては最速達種別 (JRにおける「特別快速」もしくは「新快速」に相当する種別)となる。なお急行が運行されない路線(あるいはその停車駅が多い路線)では代わりに料金不要の特急が運行され、その上位種別として同じく料金不要の「快速特急」「快特」が運行されるケースもある (快速特急と快速急行が併存している路線も存在する)。 定期列車では南海電気鉄道が1958年(昭和33年)に設定したことが始まり(臨時列車を含めれば前年の1957年に小田急電鉄で運転開始)とされ、以降1972年(昭和47年)に近畿日本鉄道、1976年(昭和51年)に東武鉄道でも設定されたのが初期の例として挙げられる。 各社の運行状況は以下の項目を参照のこと。 (ja)
rdfs:label
  • 快速急行 (ja)
  • 快速急行 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of