庚子(かのえね、こうきんのねずみ、こうきんのね、こうし)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。

Property Value
dbo:abstract
  • 庚子(かのえね、こうきんのねずみ、こうきんのね、こうし)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。 (ja)
  • 庚子(かのえね、こうきんのねずみ、こうきんのね、こうし)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 24575 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1158 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79899770 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 庚子(かのえね、こうきんのねずみ、こうきんのね、こうし)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。 (ja)
  • 庚子(かのえね、こうきんのねずみ、こうきんのね、こうし)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。 (ja)
rdfs:label
  • 庚子 (ja)
  • 庚子 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of