岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日 - 1973年12月26日)は、日本の動物学者。日本学士院会員、文化功労者。 兵庫県相生生まれ。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後、1924年から6年間ヨーロッパ留学。帰国後、1929年京都帝国大学理学部動物学科教授、同年京都帝大理学博士「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学理学部動物学科教授。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官、名誉教授。同年国立科学博物館館長。また日本動物学会会頭、日本博物館協会会長、会長、日本学士院会員(1949年 - )を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。

Property Value
dbo:abstract
  • 岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日 - 1973年12月26日)は、日本の動物学者。日本学士院会員、文化功労者。 兵庫県相生生まれ。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後、1924年から6年間ヨーロッパ留学。帰国後、1929年京都帝国大学理学部動物学科教授、同年京都帝大理学博士「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学理学部動物学科教授。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官、名誉教授。同年国立科学博物館館長。また日本動物学会会頭、日本博物館協会会長、会長、日本学士院会員(1949年 - )を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。 (ja)
  • 岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日 - 1973年12月26日)は、日本の動物学者。日本学士院会員、文化功労者。 兵庫県相生生まれ。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後、1924年から6年間ヨーロッパ留学。帰国後、1929年京都帝国大学理学部動物学科教授、同年京都帝大理学博士「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学理学部動物学科教授。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官、名誉教授。同年国立科学博物館館長。また日本動物学会会頭、日本博物館協会会長、会長、日本学士院会員(1949年 - )を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1210903 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1629 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1685 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80188254 (xsd:integer)
  • 86185796 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
  • --12-17
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1973年没 (ja)
  • 人1973年没 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日 - 1973年12月26日)は、日本の動物学者。日本学士院会員、文化功労者。 兵庫県相生生まれ。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後、1924年から6年間ヨーロッパ留学。帰国後、1929年京都帝国大学理学部動物学科教授、同年京都帝大理学博士「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学理学部動物学科教授。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官、名誉教授。同年国立科学博物館館長。また日本動物学会会頭、日本博物館協会会長、会長、日本学士院会員(1949年 - )を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。 (ja)
  • 岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日 - 1973年12月26日)は、日本の動物学者。日本学士院会員、文化功労者。 兵庫県相生生まれ。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後、1924年から6年間ヨーロッパ留学。帰国後、1929年京都帝国大学理学部動物学科教授、同年京都帝大理学博士「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学理学部動物学科教授。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官、名誉教授。同年国立科学博物館館長。また日本動物学会会頭、日本博物館協会会長、会長、日本学士院会員(1949年 - )を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。 (ja)
rdfs:label
  • 岡田要 (ja)
  • 岡田要 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:academicAdvisors of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of