小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年〈明治13年〉3月22日 - 1950年〈昭和25年〉11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。山形県士族。山形県新庄市出身。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第8代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。

Property Value
dbo:abstract
  • 小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年〈明治13年〉3月22日 - 1950年〈昭和25年〉11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。山形県士族。山形県新庄市出身。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第8代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。 (ja)
  • 小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年〈明治13年〉3月22日 - 1950年〈昭和25年〉11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。山形県士族。山形県新庄市出身。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第8代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1950-11-03 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 29116 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14548 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87950136 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:text
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
prop-ja:title
  • 拓務大臣 (ja)
  • 朝鮮総督 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
  • 拓務大臣 (ja)
  • 朝鮮総督 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 平沼内閣:1939年 (ja)
  • 第41代:1944年 - 1945年 (ja)
  • 第8代:1942年 - 1944年 (ja)
  • 米内内閣:1940年 (ja)
  • 平沼内閣:1939年 (ja)
  • 第41代:1944年 - 1945年 (ja)
  • 第8代:1942年 - 1944年 (ja)
  • 米内内閣:1940年 (ja)
prop-ja:サイン
  • KoisoK kao.png (ja)
  • KoisoK kao.png (ja)
prop-ja:人名
  • 小磯 國昭 (ja)
  • 小磯 國昭 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 天皇 (ja)
  • 天皇 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、栃木県宇都宮市 (ja)
  • 、栃木県宇都宮市 (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前代
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 東條英機 (ja)
  • 東條英機 (ja)
prop-ja:各国語表記
  • こいそ くにあき (ja)
  • こいそ くにあき (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN1870 (ja)
  • JPN1870 (ja)
prop-ja:在任期間
  • 1944 (xsd:integer)
prop-ja:子女
  • 小磯昭一(長男) (ja)
  • 小磯美智子(長女) (ja)
  • 小磯昭一(長男) (ja)
  • 小磯美智子(長女) (ja)
prop-ja:就任日
  • --01-16
  • --04-07
  • --05-29
  • --07-22
prop-ja:当代
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:次代
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 鈴木貫太郎 (ja)
  • 鈴木貫太郎 (ja)
prop-ja:死没地
  • 、東京都豊島区 (ja)
  • 、東京都豊島区 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1950-11-03 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --03-22
prop-ja:画像
  • Kuniaki Koiso.jpg (ja)
  • Kuniaki Koiso.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • 25 (xsd:integer)
  • 第15代 拓務大臣 (ja)
  • 第17代 拓務大臣 (ja)
  • 第41代 内閣総理大臣 (ja)
prop-ja:表記
  • 小磯國昭 (ja)
  • 小磯国昭 (ja)
  • 小磯國昭 (ja)
  • 小磯国昭 (ja)
prop-ja:議論ページ
prop-ja:退任日
  • --04-07
  • --07-22
  • --08-30
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年〈明治13年〉3月22日 - 1950年〈昭和25年〉11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。山形県士族。山形県新庄市出身。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第8代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。 (ja)
  • 小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年〈明治13年〉3月22日 - 1950年〈昭和25年〉11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。山形県士族。山形県新庄市出身。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第8代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。 (ja)
rdfs:label
  • 小磯國昭 (ja)
  • 小磯國昭 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 小磯 國昭 (ja)
  • 小磯 國昭 (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:predecessor of
is dbo:spouse of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:primeminister of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:配偶者 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of