家畜(かちく、英: domesticated animal, livestock, domestic animallive stock)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある。 利用目的により、(英語:farm animal)・愛玩動物(英語:pet animal)・実験動物(英語:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。 野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。

Property Value
dbo:abstract
  • 家畜(かちく、英: domesticated animal, livestock, domestic animallive stock)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある。 利用目的により、(英語:farm animal)・愛玩動物(英語:pet animal)・実験動物(英語:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。 野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。 (ja)
  • 家畜(かちく、英: domesticated animal, livestock, domestic animallive stock)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある。 利用目的により、(英語:farm animal)・愛玩動物(英語:pet animal)・実験動物(英語:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。 野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 83763 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 21660 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77155124 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:reference
  • 松井章「狩猟と家畜」 (ja)
  • 松井章「狩猟と家畜」 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 家畜(かちく、英: domesticated animal, livestock, domestic animallive stock)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある。 利用目的により、(英語:farm animal)・愛玩動物(英語:pet animal)・実験動物(英語:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。 野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。 (ja)
  • 家畜(かちく、英: domesticated animal, livestock, domestic animallive stock)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある。 利用目的により、(英語:farm animal)・愛玩動物(英語:pet animal)・実験動物(英語:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。 野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。 (ja)
rdfs:label
  • 家畜 (ja)
  • 家畜 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:label of
is foaf:primaryTopic of