安房勝山藩(あわかつやまはん)は、安房国平郡の(現・千葉県安房郡鋸南町勝山)に藩庁を置いた藩。 1668年以降、酒井氏(若狭小浜藩の分家)が藩主を務め、廃藩置県まで9代約200年にわたって存続した。これは安房国に藩庁を置いた藩の中で最長である。酒井家時代の石高は1万2000石で、所領は越前国・上野国にも存在した。明治維新後は加知山藩(かちやまはん)に改称した。

Property Value
dbo:abstract
  • 安房勝山藩(あわかつやまはん)は、安房国平郡の(現・千葉県安房郡鋸南町勝山)に藩庁を置いた藩。 1668年以降、酒井氏(若狭小浜藩の分家)が藩主を務め、廃藩置県まで9代約200年にわたって存続した。これは安房国に藩庁を置いた藩の中で最長である。酒井家時代の石高は1万2000石で、所領は越前国・上野国にも存在した。明治維新後は加知山藩(かちやまはん)に改称した。 (ja)
  • 安房勝山藩(あわかつやまはん)は、安房国平郡の(現・千葉県安房郡鋸南町勝山)に藩庁を置いた藩。 1668年以降、酒井氏(若狭小浜藩の分家)が藩主を務め、廃藩置県まで9代約200年にわたって存続した。これは安房国に藩庁を置いた藩の中で最長である。酒井家時代の石高は1万2000石で、所領は越前国・上野国にも存在した。明治維新後は加知山藩(かちやまはん)に改称した。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 216659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6228 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78662088 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
  • (安房国) (ja)
  • (安房国) (ja)
prop-ja:caption
  • 関連地図 (ja)
  • 関連地図 (ja)
prop-ja:cheight
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:cropMap
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:cwidth
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:oleft
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:otop
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:resizex
  • 446 (xsd:integer)
prop-ja:resizey
  • 570 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 行政区の変遷 (ja)
  • 行政区の変遷 (ja)
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1668 (xsd:integer)
  • 勝山藩→加知山藩→加知山県 (ja)
prop-ja:表記
  • (ja)
  • (ja)
  • (ja)
  • (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 安房勝山藩(あわかつやまはん)は、安房国平郡の(現・千葉県安房郡鋸南町勝山)に藩庁を置いた藩。 1668年以降、酒井氏(若狭小浜藩の分家)が藩主を務め、廃藩置県まで9代約200年にわたって存続した。これは安房国に藩庁を置いた藩の中で最長である。酒井家時代の石高は1万2000石で、所領は越前国・上野国にも存在した。明治維新後は加知山藩(かちやまはん)に改称した。 (ja)
  • 安房勝山藩(あわかつやまはん)は、安房国平郡の(現・千葉県安房郡鋸南町勝山)に藩庁を置いた藩。 1668年以降、酒井氏(若狭小浜藩の分家)が藩主を務め、廃藩置県まで9代約200年にわたって存続した。これは安房国に藩庁を置いた藩の中で最長である。酒井家時代の石高は1万2000石で、所領は越前国・上野国にも存在した。明治維新後は加知山藩(かちやまはん)に改称した。 (ja)
rdfs:label
  • 安房勝山藩 (ja)
  • 安房勝山藩 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of