姫路大博覧会(ひめじだいはくらんかい)は、姫路市の手柄山ほか3つの会場において1966年4月3日から6月5日まで開催された博覧会である。姫路城昭和の大修理の完成を記念して挙行され、期間中に約150万人の入場者があった。 博覧会の跡地は手柄山中央公園および遊園地(ひめじ手柄山遊園)として今も市民の憩いの場になっており、かつてのパビリオンの一部も当時のまま存在している。 期間中の交通機関として姫路モノレールが運営されていたが、博覧会終了から8年後の1974年に運休することとなってしまった。

Property Value
dbo:abstract
  • 姫路大博覧会(ひめじだいはくらんかい)は、姫路市の手柄山ほか3つの会場において1966年4月3日から6月5日まで開催された博覧会である。姫路城昭和の大修理の完成を記念して挙行され、期間中に約150万人の入場者があった。 博覧会の跡地は手柄山中央公園および遊園地(ひめじ手柄山遊園)として今も市民の憩いの場になっており、かつてのパビリオンの一部も当時のまま存在している。 期間中の交通機関として姫路モノレールが運営されていたが、博覧会終了から8年後の1974年に運休することとなってしまった。 (ja)
  • 姫路大博覧会(ひめじだいはくらんかい)は、姫路市の手柄山ほか3つの会場において1966年4月3日から6月5日まで開催された博覧会である。姫路城昭和の大修理の完成を記念して挙行され、期間中に約150万人の入場者があった。 博覧会の跡地は手柄山中央公園および遊園地(ひめじ手柄山遊園)として今も市民の憩いの場になっており、かつてのパビリオンの一部も当時のまま存在している。 期間中の交通機関として姫路モノレールが運営されていたが、博覧会終了から8年後の1974年に運休することとなってしまった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1682699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2807 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78000418 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 姫路大博覧会(ひめじだいはくらんかい)は、姫路市の手柄山ほか3つの会場において1966年4月3日から6月5日まで開催された博覧会である。姫路城昭和の大修理の完成を記念して挙行され、期間中に約150万人の入場者があった。 博覧会の跡地は手柄山中央公園および遊園地(ひめじ手柄山遊園)として今も市民の憩いの場になっており、かつてのパビリオンの一部も当時のまま存在している。 期間中の交通機関として姫路モノレールが運営されていたが、博覧会終了から8年後の1974年に運休することとなってしまった。 (ja)
  • 姫路大博覧会(ひめじだいはくらんかい)は、姫路市の手柄山ほか3つの会場において1966年4月3日から6月5日まで開催された博覧会である。姫路城昭和の大修理の完成を記念して挙行され、期間中に約150万人の入場者があった。 博覧会の跡地は手柄山中央公園および遊園地(ひめじ手柄山遊園)として今も市民の憩いの場になっており、かつてのパビリオンの一部も当時のまま存在している。 期間中の交通機関として姫路モノレールが運営されていたが、博覧会終了から8年後の1974年に運休することとなってしまった。 (ja)
rdfs:label
  • 姫路大博覧会 (ja)
  • 姫路大博覧会 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of