姉島(あねじま)は、小笠原諸島の島のひとつ。東京都小笠原村。母島列島に含まれる。 1862年、江戸幕府の外国奉行であった水野忠徳らが巡検する。1894年、移住がはじまり、1919年には人口14人を数えた。島内では主としてブタとヤギの放牧が営まれた。しかし、元来人間の生活には厳しい環境であり、人々は次第に島を離れ、第二次世界大戦の戦局悪化に伴う1944年の小笠原引き上げの際にはすでに無人島化していた。現在も無人島である。定期航路などはない。島全体が小笠原国立公園に含まれている。

Property Value
dbo:abstract
  • 姉島(あねじま)は、小笠原諸島の島のひとつ。東京都小笠原村。母島列島に含まれる。 1862年、江戸幕府の外国奉行であった水野忠徳らが巡検する。1894年、移住がはじまり、1919年には人口14人を数えた。島内では主としてブタとヤギの放牧が営まれた。しかし、元来人間の生活には厳しい環境であり、人々は次第に島を離れ、第二次世界大戦の戦局悪化に伴う1944年の小笠原引き上げの際にはすでに無人島化していた。現在も無人島である。定期航路などはない。島全体が小笠原国立公園に含まれている。 (ja)
  • 姉島(あねじま)は、小笠原諸島の島のひとつ。東京都小笠原村。母島列島に含まれる。 1862年、江戸幕府の外国奉行であった水野忠徳らが巡検する。1894年、移住がはじまり、1919年には人口14人を数えた。島内では主としてブタとヤギの放牧が営まれた。しかし、元来人間の生活には厳しい環境であり、人々は次第に島を離れ、第二次世界大戦の戦局悪化に伴う1944年の小笠原引き上げの際にはすでに無人島化していた。現在も無人島である。定期航路などはない。島全体が小笠原国立公園に含まれている。 (ja)
dbo:country
dbo:wikiPageID
  • 667578 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1203 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79674636 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E (ja)
  • E (ja)
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N (ja)
  • N (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:周囲
  • 6.900000 (xsd:double)
prop-ja:地図
  • Japan&neighbours (ja)
  • Japan&neighbours (ja)
prop-ja:地図国コード
  • JP-13 (ja)
  • JP-13 (ja)
prop-ja:島名
  • 姉島 (ja)
  • 姉島 (ja)
prop-ja:標高
  • 116.500000 (xsd:double)
prop-ja:海域
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
  • 母島の小富士より南南西を眺める。手前に鰹鳥島、平島。奥に姉島 (ja)
prop-ja:経度分
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 142 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:諸島
prop-ja:面積
  • 1.430000 (xsd:double)
dct:subject
georss:point
  • 26.55388888888889 142.15694444444443
rdf:type
rdfs:comment
  • 姉島(あねじま)は、小笠原諸島の島のひとつ。東京都小笠原村。母島列島に含まれる。 1862年、江戸幕府の外国奉行であった水野忠徳らが巡検する。1894年、移住がはじまり、1919年には人口14人を数えた。島内では主としてブタとヤギの放牧が営まれた。しかし、元来人間の生活には厳しい環境であり、人々は次第に島を離れ、第二次世界大戦の戦局悪化に伴う1944年の小笠原引き上げの際にはすでに無人島化していた。現在も無人島である。定期航路などはない。島全体が小笠原国立公園に含まれている。 (ja)
  • 姉島(あねじま)は、小笠原諸島の島のひとつ。東京都小笠原村。母島列島に含まれる。 1862年、江戸幕府の外国奉行であった水野忠徳らが巡検する。1894年、移住がはじまり、1919年には人口14人を数えた。島内では主としてブタとヤギの放牧が営まれた。しかし、元来人間の生活には厳しい環境であり、人々は次第に島を離れ、第二次世界大戦の戦局悪化に伴う1944年の小笠原引き上げの際にはすでに無人島化していた。現在も無人島である。定期航路などはない。島全体が小笠原国立公園に含まれている。 (ja)
rdfs:label
  • 姉島 (ja)
  • 姉島 (ja)
geo:geometry
  • POINT(142.1569519043 26.553888320923)
geo:lat
  • 26.553888 (xsd:float)
geo:long
  • 142.156952 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:majorIslands of
is foaf:primaryTopic of