大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。 良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。 良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。 (ja)
  • 大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。 良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。 (ja)
dbo:alias
  • 号:可笑 (ja)
  • 忠誠院刃空浄剣居士 (ja)
  • 松之丞(幼名)、良雄 (ja)
  • 渾名:昼行燈 (ja)
  • 仮名:竹太郎、喜内 (ja)
  • 百官名:内蔵助 (ja)
  • 号:可笑 (ja)
  • 忠誠院刃空浄剣居士 (ja)
  • 松之丞(幼名)、良雄 (ja)
  • 渾名:昼行燈 (ja)
  • 仮名:竹太郎、喜内 (ja)
  • 百官名:内蔵助 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 301295 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14691 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78705053 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 良雄、専貞、良房 (ja)
  • 良雄、専貞、良房 (ja)
prop-ja:別名
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 正室:石束毎公の娘・りく (ja)
  • 正室:石束毎公の娘・りく (ja)
prop-ja:
prop-ja:戒名
  • 忠誠院刃空浄剣居士 (ja)
  • 忠誠院刃空浄剣居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 松之丞(幼名)、良雄 (ja)
  • 松之丞(幼名)、良雄 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --02-04
prop-ja:氏名
  • 大石良雄 (ja)
  • 大石良雄 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:大石良昭、母:池田由成の娘・くま (ja)
  • 父:大石良昭、母:池田由成の娘・くま (ja)
prop-ja:生誕
  • 万治2年(1659年) (ja)
  • 万治2年(1659年) (ja)
prop-ja:画像
  • Ōishi Yoshio.jpg (ja)
  • Ōishi Yoshio.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 赤穂大石神社所蔵 (ja)
  • 赤穂大石神社所蔵 (ja)
prop-ja:
  • 播磨国赤穂藩家老 (ja)
  • 播磨国赤穂藩家老 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。 良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。 (ja)
  • 大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。 良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 大石良雄 (ja)
  • 大石良雄 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大石良雄 (ja)
  • 大石良雄 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:characters of
is foaf:primaryTopic of