大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位(現代では国事行為となる即位の礼の各儀式が終了)した後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。

Property Value
dbo:abstract
  • 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位(現代では国事行為となる即位の礼の各儀式が終了)した後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (ja)
  • 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位(現代では国事行為となる即位の礼の各儀式が終了)した後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 390534 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 40227 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80971138 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:activity
  • 即位した天皇が、悠基国・主基国から献上された新穀を神々に供え、自らもそれを食し、五穀豊穣と国家・国民の安寧を祈願する神道による儀式。 (ja)
  • 即位した天皇が、悠基国・主基国から献上された新穀を神々に供え、自らもそれを食し、五穀豊穣と国家・国民の安寧を祈願する神道による儀式。 (ja)
prop-ja:attendance
  • 総勢約730名 (ja)
  • 総勢約730名 (ja)
prop-ja:caption
  • 下:1990年(平成2年)、明仁(現:上皇)の大嘗祭 (ja)
  • 上:令和の大嘗宮(皇居東御苑) (ja)
  • 下:1990年(平成2年)、明仁(現:上皇)の大嘗祭 (ja)
  • 上:令和の大嘗宮(皇居東御苑) (ja)
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:first
  • 農耕祭祀に根差しており、原形は弥生時代ごろと見られ、現在の規模・様式になったのは天武・持統朝(7世紀)ごろ (ja)
  • 農耕祭祀に根差しており、原形は弥生時代ごろと見られ、現在の規模・様式になったのは天武・持統朝(7世紀)ごろ (ja)
prop-ja:frequency
  • 一世一度・即位大嘗祭 (ja)
  • 天皇即位後、最初の新嘗祭 (ja)
  • 一世一度・即位大嘗祭 (ja)
  • 天皇即位後、最初の新嘗祭 (ja)
prop-ja:genre
  • *神道祭祀 *皇室行事(国事行為ではない) *宮中祭祀 (ja)
  • *神道祭祀 *皇室行事(国事行為ではない) *宮中祭祀 (ja)
prop-ja:location
  • 皇居(時代により変化) (ja)
  • 皇居(時代により変化) (ja)
prop-ja:logo
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 大嘗祭 (ja)
  • 大嘗祭 (ja)
prop-ja:nativeName
  • だいじょうさい (ja)
  • だいじょうさい (ja)
prop-ja:organised
prop-ja:patron
prop-ja:prev
  • --11-14
  • 〈第126代天皇徳仁〉 (ja)
  • 大嘗宮の儀 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:venue
  • 大嘗宮(主基殿・悠紀殿・廻立殿) (ja)
  • 大嘗宮(主基殿・悠紀殿・廻立殿) (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --08-28
prop-ja:独自研究
  • --08-28
dct:subject
rdfs:comment
  • 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位(現代では国事行為となる即位の礼の各儀式が終了)した後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (ja)
  • 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位(現代では国事行為となる即位の礼の各儀式が終了)した後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (ja)
rdfs:label
  • 大嘗祭 (ja)
  • 大嘗祭 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:大嘗祭 of
is foaf:primaryTopic of