大善寺(だいぜんじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある東寺真言宗の寺院である。山号は雲頂山。播磨八薬師霊場の4番札所である。慶長年間、池田輝政が姫路城を築造の際、大善寺にあった大木を心材に用いたといわれる。姫路城の鬼門に位置することから境内のが祈願所として使用され、長らく歴代の城主の尊崇が厚かった。荒神堂には、姫路城御祈願所の額が掲げられている。姫路城でのは、明治初年まで、正月、5月、9月の3か日行われていた。

Property Value
dbo:abstract
  • 大善寺(だいぜんじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある東寺真言宗の寺院である。山号は雲頂山。播磨八薬師霊場の4番札所である。慶長年間、池田輝政が姫路城を築造の際、大善寺にあった大木を心材に用いたといわれる。姫路城の鬼門に位置することから境内のが祈願所として使用され、長らく歴代の城主の尊崇が厚かった。荒神堂には、姫路城御祈願所の額が掲げられている。姫路城でのは、明治初年まで、正月、5月、9月の3か日行われていた。 (ja)
  • 大善寺(だいぜんじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある東寺真言宗の寺院である。山号は雲頂山。播磨八薬師霊場の4番札所である。慶長年間、池田輝政が姫路城を築造の際、大善寺にあった大木を心材に用いたといわれる。姫路城の鬼門に位置することから境内のが祈願所として使用され、長らく歴代の城主の尊崇が厚かった。荒神堂には、姫路城御祈願所の額が掲げられている。姫路城でのは、明治初年まで、正月、5月、9月の3か日行われていた。 (ja)
dbo:address
  • 神崎郡福崎町大貫2411 (ja)
  • 神崎郡福崎町大貫2411 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2794793 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1336 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74389643 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
prop-ja:創建年
  • (伝)大化元年(645年) (ja)
  • (伝)大化元年(645年) (ja)
prop-ja:名称
  • 大善寺 (ja)
  • 大善寺 (ja)
prop-ja:宗旨
prop-ja:宗派
prop-ja:寺号
prop-ja:山号
prop-ja:所在地
  • 神崎郡福崎町大貫2411 (ja)
  • 神崎郡福崎町大貫2411 (ja)
prop-ja:本尊
prop-ja:札所等
  • 播磨八薬師霊場4番 (ja)
  • 播磨八薬師霊場4番 (ja)
prop-ja:正式名
  • 雲頂山大善寺 (ja)
  • 雲頂山大善寺 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:開基
prop-ja:開山
  • (伝)法道 (ja)
  • (伝)法道 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大善寺(だいぜんじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある東寺真言宗の寺院である。山号は雲頂山。播磨八薬師霊場の4番札所である。慶長年間、池田輝政が姫路城を築造の際、大善寺にあった大木を心材に用いたといわれる。姫路城の鬼門に位置することから境内のが祈願所として使用され、長らく歴代の城主の尊崇が厚かった。荒神堂には、姫路城御祈願所の額が掲げられている。姫路城でのは、明治初年まで、正月、5月、9月の3か日行われていた。 (ja)
  • 大善寺(だいぜんじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある東寺真言宗の寺院である。山号は雲頂山。播磨八薬師霊場の4番札所である。慶長年間、池田輝政が姫路城を築造の際、大善寺にあった大木を心材に用いたといわれる。姫路城の鬼門に位置することから境内のが祈願所として使用され、長らく歴代の城主の尊崇が厚かった。荒神堂には、姫路城御祈願所の額が掲げられている。姫路城でのは、明治初年まで、正月、5月、9月の3か日行われていた。 (ja)
rdfs:label
  • 大善寺 (兵庫県福崎町) (ja)
  • 大善寺 (兵庫県福崎町) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大善寺 (ja)
  • 大善寺 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of