大名(だいみょう)とは、もともとは私田の一種の名田の所有者のことをいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。平安時代末頃からこの語が見られるようになり、鎌倉時代以降は大きな所領をもって家臣団を形成した有力武士を大名と呼ぶようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • 大名(だいみょう)とは、もともとは私田の一種の名田の所有者のことをいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。平安時代末頃からこの語が見られるようになり、鎌倉時代以降は大きな所領をもって家臣団を形成した有力武士を大名と呼ぶようになった。 (ja)
  • 大名(だいみょう)とは、もともとは私田の一種の名田の所有者のことをいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。平安時代末頃からこの語が見られるようになり、鎌倉時代以降は大きな所領をもって家臣団を形成した有力武士を大名と呼ぶようになった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 10914 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2437 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2514 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80205211 (xsd:integer)
  • 83717895 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 大名(だいみょう)とは、もともとは私田の一種の名田の所有者のことをいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。平安時代末頃からこの語が見られるようになり、鎌倉時代以降は大きな所領をもって家臣団を形成した有力武士を大名と呼ぶようになった。 (ja)
  • 大名(だいみょう)とは、もともとは私田の一種の名田の所有者のことをいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。平安時代末頃からこの語が見られるようになり、鎌倉時代以降は大きな所領をもって家臣団を形成した有力武士を大名と呼ぶようになった。 (ja)
rdfs:label
  • 大名 (ja)
  • 大名 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種別 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of