『夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団。 1969年12月-1970年1月、NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県の厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年に平家の氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。 「みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。 なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。

Property Value
dbo:abstract
  • 『夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団。 1969年12月-1970年1月、NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県の厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年に平家の氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。 「みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。 なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。 (ja)
  • 『夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団。 1969年12月-1970年1月、NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県の厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年に平家の氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。 「みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。 なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。 (ja)
dbo:artist
dbo:lyrics
dbo:musicComposer
dbo:wikiPageID
  • 2881511 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 992 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79776462 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:composer
prop-ja:firstbroadcast
  • --02-01
prop-ja:lyric
prop-ja:rebroadcast
  • --02-01
prop-ja:singer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団。 1969年12月-1970年1月、NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県の厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年に平家の氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。 「みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。 なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。 (ja)
  • 『夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団。 1969年12月-1970年1月、NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県の厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年に平家の氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。 「みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。 なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。 (ja)
rdfs:label
  • 夕陽の笛 (ja)
  • 夕陽の笛 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of