堀 悌吉(ほり ていきち、1883年〈明治16年〉8月16日 - 1959年〈昭和34年〉5月12日)は、日本の海軍軍人。海軍中将。大分県杵築市出身。 先輩の米内光政、同期生の山本五十六、後輩の井上成美からの信頼が厚く、山本権兵衛、加藤友三郎らの系譜を継ぎ海軍軍政を担うと目されていたが、軍縮会議後の大角人事により中将で予備役に編入される。東條内閣の海相・嶋田繁太郎が、「堀が開戦前に海軍大臣であれば、もっと適切に時局に対処できたのではないか」と述べているように、その才幹を惜しまれた人物である。また"戦争自体は悪である"との持論であった。

Property Value
dbo:abstract
  • 堀 悌吉(ほり ていきち、1883年〈明治16年〉8月16日 - 1959年〈昭和34年〉5月12日)は、日本の海軍軍人。海軍中将。大分県杵築市出身。 先輩の米内光政、同期生の山本五十六、後輩の井上成美からの信頼が厚く、山本権兵衛、加藤友三郎らの系譜を継ぎ海軍軍政を担うと目されていたが、軍縮会議後の大角人事により中将で予備役に編入される。東條内閣の海相・嶋田繁太郎が、「堀が開戦前に海軍大臣であれば、もっと適切に時局に対処できたのではないか」と述べているように、その才幹を惜しまれた人物である。また"戦争自体は悪である"との持論であった。 (ja)
  • 堀 悌吉(ほり ていきち、1883年〈明治16年〉8月16日 - 1959年〈昭和34年〉5月12日)は、日本の海軍軍人。海軍中将。大分県杵築市出身。 先輩の米内光政、同期生の山本五十六、後輩の井上成美からの信頼が厚く、山本権兵衛、加藤友三郎らの系譜を継ぎ海軍軍政を担うと目されていたが、軍縮会議後の大角人事により中将で予備役に編入される。東條内閣の海相・嶋田繁太郎が、「堀が開戦前に海軍大臣であれば、もっと適切に時局に対処できたのではないか」と述べているように、その才幹を惜しまれた人物である。また"戦争自体は悪である"との持論であった。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1959-05-12 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 337615 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7992 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81145523 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:埋葬地
prop-ja:最終階級
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:死没地
  • 東京都世田谷区世田谷 (ja)
  • 東京都世田谷区世田谷 (ja)
prop-ja:氏名
  • 堀 悌吉 (ja)
  • 堀 悌吉 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1959-05-12 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --08-16
prop-ja:生誕地
  • 大分県国東半島速見郡杵築町(現・杵築市) (ja)
  • 大分県国東半島速見郡杵築町(現・杵築市) (ja)
prop-ja:画像
  • Hori Teikichi.jpg (ja)
  • Hori Teikichi.jpg (ja)
prop-ja:軍歴
  • 1905 (xsd:integer)
prop-ja:除隊後
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 堀 悌吉(ほり ていきち、1883年〈明治16年〉8月16日 - 1959年〈昭和34年〉5月12日)は、日本の海軍軍人。海軍中将。大分県杵築市出身。 先輩の米内光政、同期生の山本五十六、後輩の井上成美からの信頼が厚く、山本権兵衛、加藤友三郎らの系譜を継ぎ海軍軍政を担うと目されていたが、軍縮会議後の大角人事により中将で予備役に編入される。東條内閣の海相・嶋田繁太郎が、「堀が開戦前に海軍大臣であれば、もっと適切に時局に対処できたのではないか」と述べているように、その才幹を惜しまれた人物である。また"戦争自体は悪である"との持論であった。 (ja)
  • 堀 悌吉(ほり ていきち、1883年〈明治16年〉8月16日 - 1959年〈昭和34年〉5月12日)は、日本の海軍軍人。海軍中将。大分県杵築市出身。 先輩の米内光政、同期生の山本五十六、後輩の井上成美からの信頼が厚く、山本権兵衛、加藤友三郎らの系譜を継ぎ海軍軍政を担うと目されていたが、軍縮会議後の大角人事により中将で予備役に編入される。東條内閣の海相・嶋田繁太郎が、「堀が開戦前に海軍大臣であれば、もっと適切に時局に対処できたのではないか」と述べているように、その才幹を惜しまれた人物である。また"戦争自体は悪である"との持論であった。 (ja)
rdfs:label
  • 堀悌吉 (ja)
  • 堀悌吉 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 堀 悌吉 (ja)
  • 堀 悌吉 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of