坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。

Property Value
dbo:abstract
  • 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。 (ja)
  • 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1916-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1885-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:child
dbo:deathDate
  • 1935-02-28 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:language
dbo:movement
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 53541 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9006 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81323233 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 朝日文化賞(1930年) (ja)
  • 朝日文化賞(1930年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --06-22
prop-ja:birthPlace
  • ・美濃国加茂郡太田宿 (ja)
  • (現・岐阜県美濃加茂市) (ja)
  • ・美濃国加茂郡太田宿 (ja)
  • (現・岐阜県美濃加茂市) (ja)
prop-ja:children
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
  • 20131026084400 (xsd:decimal)
prop-ja:deathDate
  • 1935-02-28 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・静岡県熱海市 (ja)
  • ・静岡県熱海市 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『小説神髄』 (ja)
  • 『小説神髄』 (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 坪内 逍遥 (ja)
  • 坪内 逍遥 (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『小説神髄』(1885年、評論) (ja)
  • 『当世書生気質』(1885年、小説) (ja)
  • 『小説神髄』(1885年、評論) (ja)
  • 『当世書生気質』(1885年、小説) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1885 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:restingPlace
  • 海蔵寺(静岡県熱海市) (ja)
  • 海蔵寺(静岡県熱海市) (ja)
prop-ja:spouse
  • 坪内セン(1886年 - 1935年) (ja)
  • 坪内セン(1886年 - 1935年) (ja)
prop-ja:title
  • 財団法人 逍遥協会 (ja)
  • 財団法人 逍遥協会 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1935年没 (ja)
  • 人1935年没 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。 (ja)
  • 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。 (ja)
rdfs:label
  • 坪内逍遥 (ja)
  • 坪内逍遥 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 坪内 逍遥 (ja)
  • 坪内 逍遥 (ja)
is dbo:foundedBy of
is dbo:influencedBy of
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:創立者 of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is foaf:primaryTopic of