坪井 善勝(つぼい よしかつ、1907年5月27日 - 1990年12月6日)は、日本の構造家。建築構造学者、構造デザイナー。東京都生まれ。東京大学名誉教授。 1929年東京帝国大学工学部建築学科入学。1932年東京帝国大学大学院入学。和歌山県営繕技師、九州帝国大学助教授を経て、1942年東京帝国大学第二工学部建築学科教授。1949年から1968年まで、東京大学生産技術研究所第5部教授。、青木繁、若林實、川口衞らを育てる。1950年代後半からは小野薫の病により日本大学理工学部と小野の兼務先である東北大学工学部教授も兼任した。兼任先では川股重也、斎藤公男、今川憲英、中田捷夫らを育てる。1968年、東京大学退官後は同校名誉教授、日本大学教授、早稲田大学客員教授、足利工業大学顧問教授。1974年には清水建設技術顧問、また国際シェル・空間構造学会会長・名誉会員、建築工学研究会理事長となり、1980年に株式会社坪井善勝研究室を設立。

Property Value
dbo:abstract
  • 坪井 善勝(つぼい よしかつ、1907年5月27日 - 1990年12月6日)は、日本の構造家。建築構造学者、構造デザイナー。東京都生まれ。東京大学名誉教授。 1929年東京帝国大学工学部建築学科入学。1932年東京帝国大学大学院入学。和歌山県営繕技師、九州帝国大学助教授を経て、1942年東京帝国大学第二工学部建築学科教授。1949年から1968年まで、東京大学生産技術研究所第5部教授。、青木繁、若林實、川口衞らを育てる。1950年代後半からは小野薫の病により日本大学理工学部と小野の兼務先である東北大学工学部教授も兼任した。兼任先では川股重也、斎藤公男、今川憲英、中田捷夫らを育てる。1968年、東京大学退官後は同校名誉教授、日本大学教授、早稲田大学客員教授、足利工業大学顧問教授。1974年には清水建設技術顧問、また国際シェル・空間構造学会会長・名誉会員、建築工学研究会理事長となり、1980年に株式会社坪井善勝研究室を設立。 シェル構造研究の第一人者であり、構造デザイナーとしても優れた作品を残す。国立屋内総合競技場、東京カテドラル聖マリア大聖堂、愛媛県民館、万博お祭り広場などの丹下健三の作品は坪井の構造設計に負うところが大きい。著書に連続体力学序説(産業図書 ISBN 978-4-7828-6004-5)など多数。死後、その功績を記念し、国際シェル・空間構造学会によって坪井賞が設けられた。 (ja)
  • 坪井 善勝(つぼい よしかつ、1907年5月27日 - 1990年12月6日)は、日本の構造家。建築構造学者、構造デザイナー。東京都生まれ。東京大学名誉教授。 1929年東京帝国大学工学部建築学科入学。1932年東京帝国大学大学院入学。和歌山県営繕技師、九州帝国大学助教授を経て、1942年東京帝国大学第二工学部建築学科教授。1949年から1968年まで、東京大学生産技術研究所第5部教授。、青木繁、若林實、川口衞らを育てる。1950年代後半からは小野薫の病により日本大学理工学部と小野の兼務先である東北大学工学部教授も兼任した。兼任先では川股重也、斎藤公男、今川憲英、中田捷夫らを育てる。1968年、東京大学退官後は同校名誉教授、日本大学教授、早稲田大学客員教授、足利工業大学顧問教授。1974年には清水建設技術顧問、また国際シェル・空間構造学会会長・名誉会員、建築工学研究会理事長となり、1980年に株式会社坪井善勝研究室を設立。 シェル構造研究の第一人者であり、構造デザイナーとしても優れた作品を残す。国立屋内総合競技場、東京カテドラル聖マリア大聖堂、愛媛県民館、万博お祭り広場などの丹下健三の作品は坪井の構造設計に負うところが大きい。著書に連続体力学序説(産業図書 ISBN 978-4-7828-6004-5)など多数。死後、その功績を記念し、国際シェル・空間構造学会によって坪井賞が設けられた。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1990-12-06 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:nationality
dbo:significantBuilding
dbo:wikiPageID
  • 1604669 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4679 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80320829 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 日本学士院賞(1987年) (ja)
  • 勲二等瑞宝章(1978年) (ja)
  • 日本建築学会賞作品賞(1954年) (ja)
  • 日本建築学会賞大賞(1976年) (ja)
  • 日本学士院賞(1987年) (ja)
  • 勲二等瑞宝章(1978年) (ja)
  • 日本建築学会賞作品賞(1954年) (ja)
  • 日本建築学会賞大賞(1976年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --05-27
prop-ja:birthPlace
prop-ja:deathDate
  • 1990-12-06 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都新宿区 (ja)
  • 東京都新宿区 (ja)
prop-ja:name
  • (つぼい よしかつ) (ja)
  • 坪井 善勝 (ja)
  • (つぼい よしかつ) (ja)
  • 坪井 善勝 (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:practiceName
  • 坪井善勝研究室 (ja)
  • 坪井善勝研究室 (ja)
prop-ja:significantBuildings
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 坪井 善勝(つぼい よしかつ、1907年5月27日 - 1990年12月6日)は、日本の構造家。建築構造学者、構造デザイナー。東京都生まれ。東京大学名誉教授。 1929年東京帝国大学工学部建築学科入学。1932年東京帝国大学大学院入学。和歌山県営繕技師、九州帝国大学助教授を経て、1942年東京帝国大学第二工学部建築学科教授。1949年から1968年まで、東京大学生産技術研究所第5部教授。、青木繁、若林實、川口衞らを育てる。1950年代後半からは小野薫の病により日本大学理工学部と小野の兼務先である東北大学工学部教授も兼任した。兼任先では川股重也、斎藤公男、今川憲英、中田捷夫らを育てる。1968年、東京大学退官後は同校名誉教授、日本大学教授、早稲田大学客員教授、足利工業大学顧問教授。1974年には清水建設技術顧問、また国際シェル・空間構造学会会長・名誉会員、建築工学研究会理事長となり、1980年に株式会社坪井善勝研究室を設立。 (ja)
  • 坪井 善勝(つぼい よしかつ、1907年5月27日 - 1990年12月6日)は、日本の構造家。建築構造学者、構造デザイナー。東京都生まれ。東京大学名誉教授。 1929年東京帝国大学工学部建築学科入学。1932年東京帝国大学大学院入学。和歌山県営繕技師、九州帝国大学助教授を経て、1942年東京帝国大学第二工学部建築学科教授。1949年から1968年まで、東京大学生産技術研究所第5部教授。、青木繁、若林實、川口衞らを育てる。1950年代後半からは小野薫の病により日本大学理工学部と小野の兼務先である東北大学工学部教授も兼任した。兼任先では川股重也、斎藤公男、今川憲英、中田捷夫らを育てる。1968年、東京大学退官後は同校名誉教授、日本大学教授、早稲田大学客員教授、足利工業大学顧問教授。1974年には清水建設技術顧問、また国際シェル・空間構造学会会長・名誉会員、建築工学研究会理事長となり、1980年に株式会社坪井善勝研究室を設立。 (ja)
rdfs:label
  • 坪井善勝 (ja)
  • 坪井善勝 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (つぼい よしかつ) (ja)
  • 坪井 善勝 (ja)
  • 坪井善勝研究室 (ja)
  • (つぼい よしかつ) (ja)
  • 坪井 善勝 (ja)
  • 坪井善勝研究室 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:構造設計者 of
is prop-ja:設計者 of
is foaf:primaryTopic of