地震(じしん、英: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる。 1. * 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という。 2. * 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。

Property Value
dbo:abstract
  • 地震(じしん、英: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる。 1. * 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という。 2. * 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。 (ja)
  • 地震(じしん、英: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる。 1. * 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という。 2. * 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1051 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 62735 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81478249 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Earthquake (ja)
  • Earthquake (ja)
prop-ja:commonscat
  • Earthquakes (ja)
  • Earthquakes (ja)
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 反比例(逆数に比例)では? それでも不正確 (ja)
  • 反比例(逆数に比例)では? それでも不正確 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 地震(じしん、英: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる。 1. * 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という。 2. * 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。 (ja)
  • 地震(じしん、英: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる。 1. * 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という。 2. * 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。 (ja)
rdfs:label
  • 地震 (ja)
  • 地震 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:type of
is prop-ja:嫌いなもの of
is prop-ja:目的/目標 of
is foaf:primaryTopic of