土肥 実平(どひ さねひら / どい - )は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。桓武平氏良文流の次男。相模土肥氏の祖であり、小早川氏の祖とされる。 相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)を本拠とし預所を務め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「」と称される有力な武士団を形成していた。 現在のJR東海道本線湯河原駅から城願寺の辺りが居館であったと言われている。

Property Value
dbo:abstract
  • 土肥 実平(どひ さねひら / どい - )は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。桓武平氏良文流の次男。相模土肥氏の祖であり、小早川氏の祖とされる。 相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)を本拠とし預所を務め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「」と称される有力な武士団を形成していた。 現在のJR東海道本線湯河原駅から城願寺の辺りが居館であったと言われている。 (ja)
  • 土肥 実平(どひ さねひら / どい - )は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。桓武平氏良文流の次男。相模土肥氏の祖であり、小早川氏の祖とされる。 相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)を本拠とし預所を務め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「」と称される有力な武士団を形成していた。 現在のJR東海道本線湯河原駅から城願寺の辺りが居館であったと言われている。 (ja)
dbo:alias
  • 實渓大眞、通玄院仁山義公 (ja)
  • 次郎、万寿冠者 (ja)
  • 實渓大眞、通玄院仁山義公 (ja)
  • 次郎、万寿冠者 (ja)
dbo:child
dbo:deathDate
  • 1925-01-01 (xsd:date)
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 198027 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5083 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79583942 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 次郎、万寿冠者 (ja)
  • 次郎、万寿冠者 (ja)
prop-ja:墓所
  • 神奈川県湯河原町の万年山城願寺 (ja)
  • 神奈川県湯河原町の万年山城願寺 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • 遠平、新開実重 (ja)
  • 遠平、新開実重 (ja)
prop-ja:幕府
prop-ja:戒名
  • 實渓大眞、通玄院仁山義公 (ja)
  • 實渓大眞、通玄院仁山義公 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --11-25
prop-ja:氏名
  • 土肥実平 (ja)
  • 土肥実平 (ja)
prop-ja:氏族
  • 桓武平氏良文流、中村氏・土肥氏 (ja)
  • 桓武平氏良文流、中村氏・土肥氏 (ja)
prop-ja:父母
  • 父:中村宗平 (ja)
  • 父:中村宗平 (ja)
prop-ja:生誕
  • 不詳 (ja)
  • 不詳 (ja)
prop-ja:画像
  • Doi Sanehira.jpg (ja)
  • Doi Sanehira.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 土肥実平/『前賢故実』江戸時代、画:菊池容斎 (ja)
  • 土肥実平/『前賢故実』江戸時代、画:菊池容斎 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 土肥 実平(どひ さねひら / どい - )は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。桓武平氏良文流の次男。相模土肥氏の祖であり、小早川氏の祖とされる。 相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)を本拠とし預所を務め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「」と称される有力な武士団を形成していた。 現在のJR東海道本線湯河原駅から城願寺の辺りが居館であったと言われている。 (ja)
  • 土肥 実平(どひ さねひら / どい - )は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。桓武平氏良文流の次男。相模土肥氏の祖であり、小早川氏の祖とされる。 相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)を本拠とし預所を務め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「」と称される有力な武士団を形成していた。 現在のJR東海道本線湯河原駅から城願寺の辺りが居館であったと言われている。 (ja)
rdfs:label
  • 土肥実平 (ja)
  • 土肥実平 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 土肥実平 (ja)
  • 土肥実平 (ja)
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of