土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代の日本のエンジニア、実業家。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民、岡山市名誉市民。 石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。

Property Value
dbo:abstract
  • 土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代の日本のエンジニア、実業家。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民、岡山市名誉市民。 石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。 (ja)
  • 土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代の日本のエンジニア、実業家。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民、岡山市名誉市民。 石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。 (ja)
dbo:alias
  • どこう としお (ja)
  • どこう としお (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1988-08-04 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 99435 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15752 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80987189 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • どこう としお (ja)
  • どこう としお (ja)
prop-ja:出身校
  • 東京高等工業学校 (ja)
  • (現:東京工業大学) (ja)
  • 東京高等工業学校 (ja)
  • (現:東京工業大学) (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都品川区 (ja)
  • 東京都品川区 (ja)
prop-ja:氏名
  • 土光 敏夫 (ja)
  • 土光 敏夫 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1988-08-04 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --09-15
prop-ja:生誕地
  • 岡山県御野郡大野村 (ja)
  • (現在の岡山市北区) (ja)
  • 岡山県御野郡大野村 (ja)
  • (現在の岡山市北区) (ja)
prop-ja:画像
  • Dokou Toshio.jpg (ja)
  • Dokou Toshio.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 財界研究社『財界』新年特大号より (ja)
  • 財界研究社『財界』新年特大号より (ja)
prop-ja:職業
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代の日本のエンジニア、実業家。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民、岡山市名誉市民。 石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。 (ja)
  • 土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代の日本のエンジニア、実業家。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民、岡山市名誉市民。 石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。 (ja)
rdfs:label
  • 土光敏夫 (ja)
  • 土光敏夫 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 土光 敏夫 (ja)
  • 土光 敏夫 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:標的 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of