吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。 岡山県生まれ。東京大学英文科中退。『驟雨』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。エッセイや対談も多い。他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。芸術院会員。

Property Value
dbo:abstract
  • 吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。 岡山県生まれ。東京大学英文科中退。『驟雨』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。エッセイや対談も多い。他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。芸術院会員。 (ja)
  • 吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。 岡山県生まれ。東京大学英文科中退。『驟雨』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。エッセイや対談も多い。他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。芸術院会員。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1994-07-26 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:language
dbo:movement
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 11040 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12815 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88061748 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京大学英文科除籍 (ja)
  • 東京大学英文科除籍 (ja)
prop-ja:awards
  • 新潮社文学賞(1965年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1979年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1954年) (ja)
  • 芸術選奨(1967年) (ja)
  • 読売文学賞(1976年) (ja)
  • 講談社エッセイ賞(1986年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1970年) (ja)
  • 野間文芸賞(1978年) (ja)
  • 新潮社文学賞(1965年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1979年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1954年) (ja)
  • 芸術選奨(1967年) (ja)
  • 読売文学賞(1976年) (ja)
  • 講談社エッセイ賞(1986年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1970年) (ja)
  • 野間文芸賞(1978年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --04-13
prop-ja:birthPlace
  • 岡山県岡山市 (ja)
  • 岡山県岡山市 (ja)
prop-ja:date
  • 20100203032131 (xsd:decimal)
prop-ja:deathDate
  • 1994-07-26 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都中央区(聖路加国際病院) (ja)
  • 東京都中央区(聖路加国際病院) (ja)
prop-ja:education
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 吉行 淳之介 (ja)
  • (よしゆき じゅんのすけ) (ja)
  • 吉行 淳之介 (ja)
  • (よしゆき じゅんのすけ) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『不意の出来事』(1965年) (ja)
  • 『夕暮まで』(1978年) (ja)
  • 『暗室』(1969年) (ja)
  • 『砂の上の植物群』(1963年) (ja)
  • 『鞄の中身』(1974年) (ja)
  • 『驟雨』(1954年) (ja)
  • 『不意の出来事』(1965年) (ja)
  • 『夕暮まで』(1978年) (ja)
  • 『暗室』(1969年) (ja)
  • 『砂の上の植物群』(1963年) (ja)
  • 『鞄の中身』(1974年) (ja)
  • 『驟雨』(1954年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:relations
prop-ja:restingPlace
  • 岡山県岡山市 (ja)
  • 岡山県岡山市 (ja)
prop-ja:title
  • 一見吉行風 (ja)
  • 一見吉行風 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。 岡山県生まれ。東京大学英文科中退。『驟雨』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。エッセイや対談も多い。他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。芸術院会員。 (ja)
  • 吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。 岡山県生まれ。東京大学英文科中退。『驟雨』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。エッセイや対談も多い。他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。芸術院会員。 (ja)
rdfs:label
  • 吉行淳之介 (ja)
  • 吉行淳之介 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 吉行 淳之介 (ja)
  • (よしゆき じゅんのすけ) (ja)
  • 吉行 淳之介 (ja)
  • (よしゆき じゅんのすけ) (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:child of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:子供 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of