古先印元(こせんいんげん、永仁3年(1295年)-応安7年/文中3年1月24日(1374年3月7日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧侶。印原とも書く。諱は印元・字は古先。諡号は正宗広智禅師。

Property Value
dbo:abstract
  • 古先印元(こせんいんげん、永仁3年(1295年)-応安7年/文中3年1月24日(1374年3月7日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧侶。印原とも書く。諱は印元・字は古先。諡号は正宗広智禅師。 (ja)
  • 古先印元(こせんいんげん、永仁3年(1295年)-応安7年/文中3年1月24日(1374年3月7日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧侶。印原とも書く。諱は印元・字は古先。諡号は正宗広智禅師。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2605749 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1467 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 65866292 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 古先印元(こせんいんげん、永仁3年(1295年)-応安7年/文中3年1月24日(1374年3月7日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧侶。印原とも書く。諱は印元・字は古先。諡号は正宗広智禅師。 (ja)
  • 古先印元(こせんいんげん、永仁3年(1295年)-応安7年/文中3年1月24日(1374年3月7日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧侶。印原とも書く。諱は印元・字は古先。諡号は正宗広智禅師。 (ja)
rdfs:label
  • 古先印元 (ja)
  • 古先印元 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:開山 of
is foaf:primaryTopic of