卍(まんじ、梵: svastika [スヴァスティカ、スワスティカ]、蔵: g.yung drung [ユンドゥン])は、幾何学的な紋章や意匠・記号・文字の一つ。世界の多くの文化や宗教でシンボルとして使用されており、ヒンドゥー教や仏教などの宗教的象徴、アメリカ州の先住民族、西洋では太陽十字からの派生などの例が存在している。日本では家紋や漢字としても使用されている。また、青森県弘前市のシンボルマークとしても使用されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 卍(まんじ、梵: svastika [スヴァスティカ、スワスティカ]、蔵: g.yung drung [ユンドゥン])は、幾何学的な紋章や意匠・記号・文字の一つ。世界の多くの文化や宗教でシンボルとして使用されており、ヒンドゥー教や仏教などの宗教的象徴、アメリカ州の先住民族、西洋では太陽十字からの派生などの例が存在している。日本では家紋や漢字としても使用されている。また、青森県弘前市のシンボルマークとしても使用されている。 (ja)
  • 卍(まんじ、梵: svastika [スヴァスティカ、スワスティカ]、蔵: g.yung drung [ユンドゥン])は、幾何学的な紋章や意匠・記号・文字の一つ。世界の多くの文化や宗教でシンボルとして使用されており、ヒンドゥー教や仏教などの宗教的象徴、アメリカ州の先住民族、西洋では太陽十字からの派生などの例が存在している。日本では家紋や漢字としても使用されている。また、青森県弘前市のシンボルマークとしても使用されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 85439 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11697 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81256084 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 「左卍(ひだりまんじ)」はボン教や大乗仏教などの伝統的なシンボルとして使用されている (ja)
  • 「右卍(みぎまんじ)」はヒンドゥー教やジャイナ教、スリランカ仏教などの一般的なシンボルとして使用されている (ja)
  • 「左卍(ひだりまんじ)」はボン教や大乗仏教などの伝統的なシンボルとして使用されている (ja)
  • 「右卍(みぎまんじ)」はヒンドゥー教やジャイナ教、スリランカ仏教などの一般的なシンボルとして使用されている (ja)
prop-ja:image
  • Swastika right-facing.svg (ja)
  • Swastika.svg (ja)
  • Swastika right-facing.svg (ja)
  • Swastika.svg (ja)
prop-ja:width
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --01-01
prop-ja:脚注の不足
  • --01-01
dct:subject
rdfs:comment
  • 卍(まんじ、梵: svastika [スヴァスティカ、スワスティカ]、蔵: g.yung drung [ユンドゥン])は、幾何学的な紋章や意匠・記号・文字の一つ。世界の多くの文化や宗教でシンボルとして使用されており、ヒンドゥー教や仏教などの宗教的象徴、アメリカ州の先住民族、西洋では太陽十字からの派生などの例が存在している。日本では家紋や漢字としても使用されている。また、青森県弘前市のシンボルマークとしても使用されている。 (ja)
  • 卍(まんじ、梵: svastika [スヴァスティカ、スワスティカ]、蔵: g.yung drung [ユンドゥン])は、幾何学的な紋章や意匠・記号・文字の一つ。世界の多くの文化や宗教でシンボルとして使用されており、ヒンドゥー教や仏教などの宗教的象徴、アメリカ州の先住民族、西洋では太陽十字からの派生などの例が存在している。日本では家紋や漢字としても使用されている。また、青森県弘前市のシンボルマークとしても使用されている。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of