北条 為昌(ほうじょう ためまさ、永正17年(1520年) - 天文11年5月3日(1542年6月15日))は、戦国時代の武将。北条氏綱の三男。通称は彦九郎。側室に養勝院。養子に北条綱成(ただし為昌より年長である)。養女に松田盛秀の妻。また、綱成実弟の北条綱房(福島勝広)も養子であったとする説もある。 叔父の北条氏時が死去すると、跡を継いで12歳で玉縄城主となり享禄5年(1532年)7月23日には朱印状を発行している。しかし元服前だったようで大道寺盛昌や(のちに養子となる)北条綱成などが補佐にあたっている。以後、武蔵国川越城、小机城、相模国三崎城などの城主・城代を務めた。 また、天文初年には、造営総奉行に任じられた大道寺盛昌、笠原信為とともに鎌倉鶴岡八幡宮の再建も行っている。なお、「為昌」の諱もこの信為・盛昌双方から1字を与えられて名乗ったものと思われる(特に盛昌は、元服の際の烏帽子親を務め、その後も後見人として為昌を補佐している)。以後、寺社関連の日記にたびたび登場するが、天文8年(1539年)頃から名前が見えなくなり、この頃から病に臥していたと思われ、天文11年(1542年)に23歳で没した。法名は本光院殿竜淵宗哲禅定門。子がなかったため、綱成が為昌の養子となる形で家督を継いだ。為昌以降の家系を玉縄北条家という。

Property Value
dbo:abstract
  • 北条 為昌(ほうじょう ためまさ、永正17年(1520年) - 天文11年5月3日(1542年6月15日))は、戦国時代の武将。北条氏綱の三男。通称は彦九郎。側室に養勝院。養子に北条綱成(ただし為昌より年長である)。養女に松田盛秀の妻。また、綱成実弟の北条綱房(福島勝広)も養子であったとする説もある。 叔父の北条氏時が死去すると、跡を継いで12歳で玉縄城主となり享禄5年(1532年)7月23日には朱印状を発行している。しかし元服前だったようで大道寺盛昌や(のちに養子となる)北条綱成などが補佐にあたっている。以後、武蔵国川越城、小机城、相模国三崎城などの城主・城代を務めた。 また、天文初年には、造営総奉行に任じられた大道寺盛昌、笠原信為とともに鎌倉鶴岡八幡宮の再建も行っている。なお、「為昌」の諱もこの信為・盛昌双方から1字を与えられて名乗ったものと思われる(特に盛昌は、元服の際の烏帽子親を務め、その後も後見人として為昌を補佐している)。以後、寺社関連の日記にたびたび登場するが、天文8年(1539年)頃から名前が見えなくなり、この頃から病に臥していたと思われ、天文11年(1542年)に23歳で没した。法名は本光院殿竜淵宗哲禅定門。子がなかったため、綱成が為昌の養子となる形で家督を継いだ。為昌以降の家系を玉縄北条家という。 (ja)
  • 北条 為昌(ほうじょう ためまさ、永正17年(1520年) - 天文11年5月3日(1542年6月15日))は、戦国時代の武将。北条氏綱の三男。通称は彦九郎。側室に養勝院。養子に北条綱成(ただし為昌より年長である)。養女に松田盛秀の妻。また、綱成実弟の北条綱房(福島勝広)も養子であったとする説もある。 叔父の北条氏時が死去すると、跡を継いで12歳で玉縄城主となり享禄5年(1532年)7月23日には朱印状を発行している。しかし元服前だったようで大道寺盛昌や(のちに養子となる)北条綱成などが補佐にあたっている。以後、武蔵国川越城、小机城、相模国三崎城などの城主・城代を務めた。 また、天文初年には、造営総奉行に任じられた大道寺盛昌、笠原信為とともに鎌倉鶴岡八幡宮の再建も行っている。なお、「為昌」の諱もこの信為・盛昌双方から1字を与えられて名乗ったものと思われる(特に盛昌は、元服の際の烏帽子親を務め、その後も後見人として為昌を補佐している)。以後、寺社関連の日記にたびたび登場するが、天文8年(1539年)頃から名前が見えなくなり、この頃から病に臥していたと思われ、天文11年(1542年)に23歳で没した。法名は本光院殿竜淵宗哲禅定門。子がなかったため、綱成が為昌の養子となる形で家督を継いだ。為昌以降の家系を玉縄北条家という。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 567934 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1111 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72469866 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 北条 為昌(ほうじょう ためまさ、永正17年(1520年) - 天文11年5月3日(1542年6月15日))は、戦国時代の武将。北条氏綱の三男。通称は彦九郎。側室に養勝院。養子に北条綱成(ただし為昌より年長である)。養女に松田盛秀の妻。また、綱成実弟の北条綱房(福島勝広)も養子であったとする説もある。 叔父の北条氏時が死去すると、跡を継いで12歳で玉縄城主となり享禄5年(1532年)7月23日には朱印状を発行している。しかし元服前だったようで大道寺盛昌や(のちに養子となる)北条綱成などが補佐にあたっている。以後、武蔵国川越城、小机城、相模国三崎城などの城主・城代を務めた。 また、天文初年には、造営総奉行に任じられた大道寺盛昌、笠原信為とともに鎌倉鶴岡八幡宮の再建も行っている。なお、「為昌」の諱もこの信為・盛昌双方から1字を与えられて名乗ったものと思われる(特に盛昌は、元服の際の烏帽子親を務め、その後も後見人として為昌を補佐している)。以後、寺社関連の日記にたびたび登場するが、天文8年(1539年)頃から名前が見えなくなり、この頃から病に臥していたと思われ、天文11年(1542年)に23歳で没した。法名は本光院殿竜淵宗哲禅定門。子がなかったため、綱成が為昌の養子となる形で家督を継いだ。為昌以降の家系を玉縄北条家という。 (ja)
  • 北条 為昌(ほうじょう ためまさ、永正17年(1520年) - 天文11年5月3日(1542年6月15日))は、戦国時代の武将。北条氏綱の三男。通称は彦九郎。側室に養勝院。養子に北条綱成(ただし為昌より年長である)。養女に松田盛秀の妻。また、綱成実弟の北条綱房(福島勝広)も養子であったとする説もある。 叔父の北条氏時が死去すると、跡を継いで12歳で玉縄城主となり享禄5年(1532年)7月23日には朱印状を発行している。しかし元服前だったようで大道寺盛昌や(のちに養子となる)北条綱成などが補佐にあたっている。以後、武蔵国川越城、小机城、相模国三崎城などの城主・城代を務めた。 また、天文初年には、造営総奉行に任じられた大道寺盛昌、笠原信為とともに鎌倉鶴岡八幡宮の再建も行っている。なお、「為昌」の諱もこの信為・盛昌双方から1字を与えられて名乗ったものと思われる(特に盛昌は、元服の際の烏帽子親を務め、その後も後見人として為昌を補佐している)。以後、寺社関連の日記にたびたび登場するが、天文8年(1539年)頃から名前が見えなくなり、この頃から病に臥していたと思われ、天文11年(1542年)に23歳で没した。法名は本光院殿竜淵宗哲禅定門。子がなかったため、綱成が為昌の養子となる形で家督を継いだ。為昌以降の家系を玉縄北条家という。 (ja)
rdfs:label
  • 北条為昌 (ja)
  • 北条為昌 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:child of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of