北村 貞太郎(きたむら ていたろう、1933年11月15日 - 2013年9月20日)は日本の農学者、農学博士。京都大学名誉教授。専門は農業土木学、農村計画学。第14期~16期日本学術会議会員。 1933年に東京府で生まれる。京都大学大学院農学研究科博士課程へ進学。京都大学農学部助教授(農村計画学研究室)を経て、1981年に大学院熱帯農学専攻の設置に伴い、同大学教授(地域計画論講座担当)に就任した。1997年に京都大学を定年退官し名誉教授となった後は、東京農業大学国際食料情報学部教授として研究・教育に従事する。その後、財団法人地球環境財団の地球環境総合研究所所長を務めた。 この間、スイス連邦工科大学へ留学する。また、第14期~16期日本学術会議会員となり、第16期には第6部(農学)部長を務めた。学会では農村計画学会会長、システム農学会会長を歴任している。システム農学会において同学会優秀発表賞(北村賞)として、北村博士の名を冠した表彰が創設された。 1981年に論文『用地分級論に関する基礎的研究』で農学博士(京都大学)を取得した。 2013年9月20日死去。同日付で正四位・瑞宝中綬章を追贈された。

Property Value
dbo:abstract
  • 北村 貞太郎(きたむら ていたろう、1933年11月15日 - 2013年9月20日)は日本の農学者、農学博士。京都大学名誉教授。専門は農業土木学、農村計画学。第14期~16期日本学術会議会員。 1933年に東京府で生まれる。京都大学大学院農学研究科博士課程へ進学。京都大学農学部助教授(農村計画学研究室)を経て、1981年に大学院熱帯農学専攻の設置に伴い、同大学教授(地域計画論講座担当)に就任した。1997年に京都大学を定年退官し名誉教授となった後は、東京農業大学国際食料情報学部教授として研究・教育に従事する。その後、財団法人地球環境財団の地球環境総合研究所所長を務めた。 この間、スイス連邦工科大学へ留学する。また、第14期~16期日本学術会議会員となり、第16期には第6部(農学)部長を務めた。学会では農村計画学会会長、システム農学会会長を歴任している。システム農学会において同学会優秀発表賞(北村賞)として、北村博士の名を冠した表彰が創設された。 1981年に論文『用地分級論に関する基礎的研究』で農学博士(京都大学)を取得した。 2013年9月20日死去。同日付で正四位・瑞宝中綬章を追贈された。 (ja)
  • 北村 貞太郎(きたむら ていたろう、1933年11月15日 - 2013年9月20日)は日本の農学者、農学博士。京都大学名誉教授。専門は農業土木学、農村計画学。第14期~16期日本学術会議会員。 1933年に東京府で生まれる。京都大学大学院農学研究科博士課程へ進学。京都大学農学部助教授(農村計画学研究室)を経て、1981年に大学院熱帯農学専攻の設置に伴い、同大学教授(地域計画論講座担当)に就任した。1997年に京都大学を定年退官し名誉教授となった後は、東京農業大学国際食料情報学部教授として研究・教育に従事する。その後、財団法人地球環境財団の地球環境総合研究所所長を務めた。 この間、スイス連邦工科大学へ留学する。また、第14期~16期日本学術会議会員となり、第16期には第6部(農学)部長を務めた。学会では農村計画学会会長、システム農学会会長を歴任している。システム農学会において同学会優秀発表賞(北村賞)として、北村博士の名を冠した表彰が創設された。 1981年に論文『用地分級論に関する基礎的研究』で農学博士(京都大学)を取得した。 2013年9月20日死去。同日付で正四位・瑞宝中綬章を追贈された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2064866 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1528 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80188451 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 北村 貞太郎(きたむら ていたろう、1933年11月15日 - 2013年9月20日)は日本の農学者、農学博士。京都大学名誉教授。専門は農業土木学、農村計画学。第14期~16期日本学術会議会員。 1933年に東京府で生まれる。京都大学大学院農学研究科博士課程へ進学。京都大学農学部助教授(農村計画学研究室)を経て、1981年に大学院熱帯農学専攻の設置に伴い、同大学教授(地域計画論講座担当)に就任した。1997年に京都大学を定年退官し名誉教授となった後は、東京農業大学国際食料情報学部教授として研究・教育に従事する。その後、財団法人地球環境財団の地球環境総合研究所所長を務めた。 この間、スイス連邦工科大学へ留学する。また、第14期~16期日本学術会議会員となり、第16期には第6部(農学)部長を務めた。学会では農村計画学会会長、システム農学会会長を歴任している。システム農学会において同学会優秀発表賞(北村賞)として、北村博士の名を冠した表彰が創設された。 1981年に論文『用地分級論に関する基礎的研究』で農学博士(京都大学)を取得した。 2013年9月20日死去。同日付で正四位・瑞宝中綬章を追贈された。 (ja)
  • 北村 貞太郎(きたむら ていたろう、1933年11月15日 - 2013年9月20日)は日本の農学者、農学博士。京都大学名誉教授。専門は農業土木学、農村計画学。第14期~16期日本学術会議会員。 1933年に東京府で生まれる。京都大学大学院農学研究科博士課程へ進学。京都大学農学部助教授(農村計画学研究室)を経て、1981年に大学院熱帯農学専攻の設置に伴い、同大学教授(地域計画論講座担当)に就任した。1997年に京都大学を定年退官し名誉教授となった後は、東京農業大学国際食料情報学部教授として研究・教育に従事する。その後、財団法人地球環境財団の地球環境総合研究所所長を務めた。 この間、スイス連邦工科大学へ留学する。また、第14期~16期日本学術会議会員となり、第16期には第6部(農学)部長を務めた。学会では農村計画学会会長、システム農学会会長を歴任している。システム農学会において同学会優秀発表賞(北村賞)として、北村博士の名を冠した表彰が創設された。 1981年に論文『用地分級論に関する基礎的研究』で農学博士(京都大学)を取得した。 2013年9月20日死去。同日付で正四位・瑞宝中綬章を追贈された。 (ja)
rdfs:label
  • 北村貞太郎 (ja)
  • 北村貞太郎 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of