前田 満(まえだ みつる、1930年1月12日 - )は、日本の哺乳類学者。北海道出身。1975年に・・と『北海道林業技術発達史論』で林学賞受賞。 北海道教育大学(現北海道教育大学)卒業。北海道大学理学部動物学科の助手を経て、農林省林業試験場(現森林総合研究所)北海道支所・関西支所鳥獣研究室長を歴任。元農林水産省森林総合研究所関西支所保護部長。1988年3月、「森林施業の変遷と保護技術:エゾヤチネズミによる被害と防除法を中心として」で北海道大学農学博士。 1984年に(現)から出版された「北海道産野ネズミ類の研究 (太田嘉四夫編著)」の第5章 食物を・と共著した。 定年退職後、国際協力事業団(現国際協力機構)より、インドネシア熱帯降雨林研究プロジェクトのリーダーとして、また中国森林保護研究プロジェクトのリーダーとして各2年間派遣、現地ボルネオ島の熱帯林と中国寧夏回族自治区の砂漠に滞在して森林保護の技術指導にあたった。。 2014年10月、自身の著書である絵本『空飛ぶカエル』を現役時代の赴任先である中国寧夏回族自治区銀川市の小学校へ寄贈。その際、訪中し銀川市内の小学校にて贈呈式に招待された。 2015年現在、「手稲山・発寒川編集室」代表。

Property Value
dbo:abstract
  • 前田 満(まえだ みつる、1930年1月12日 - )は、日本の哺乳類学者。北海道出身。1975年に・・と『北海道林業技術発達史論』で林学賞受賞。 北海道教育大学(現北海道教育大学)卒業。北海道大学理学部動物学科の助手を経て、農林省林業試験場(現森林総合研究所)北海道支所・関西支所鳥獣研究室長を歴任。元農林水産省森林総合研究所関西支所保護部長。1988年3月、「森林施業の変遷と保護技術:エゾヤチネズミによる被害と防除法を中心として」で北海道大学農学博士。 1984年に(現)から出版された「北海道産野ネズミ類の研究 (太田嘉四夫編著)」の第5章 食物を・と共著した。 定年退職後、国際協力事業団(現国際協力機構)より、インドネシア熱帯降雨林研究プロジェクトのリーダーとして、また中国森林保護研究プロジェクトのリーダーとして各2年間派遣、現地ボルネオ島の熱帯林と中国寧夏回族自治区の砂漠に滞在して森林保護の技術指導にあたった。。 2014年10月、自身の著書である絵本『空飛ぶカエル』を現役時代の赴任先である中国寧夏回族自治区銀川市の小学校へ寄贈。その際、訪中し銀川市内の小学校にて贈呈式に招待された。 2015年現在、「手稲山・発寒川編集室」代表。 (ja)
  • 前田 満(まえだ みつる、1930年1月12日 - )は、日本の哺乳類学者。北海道出身。1975年に・・と『北海道林業技術発達史論』で林学賞受賞。 北海道教育大学(現北海道教育大学)卒業。北海道大学理学部動物学科の助手を経て、農林省林業試験場(現森林総合研究所)北海道支所・関西支所鳥獣研究室長を歴任。元農林水産省森林総合研究所関西支所保護部長。1988年3月、「森林施業の変遷と保護技術:エゾヤチネズミによる被害と防除法を中心として」で北海道大学農学博士。 1984年に(現)から出版された「北海道産野ネズミ類の研究 (太田嘉四夫編著)」の第5章 食物を・と共著した。 定年退職後、国際協力事業団(現国際協力機構)より、インドネシア熱帯降雨林研究プロジェクトのリーダーとして、また中国森林保護研究プロジェクトのリーダーとして各2年間派遣、現地ボルネオ島の熱帯林と中国寧夏回族自治区の砂漠に滞在して森林保護の技術指導にあたった。。 2014年10月、自身の著書である絵本『空飛ぶカエル』を現役時代の赴任先である中国寧夏回族自治区銀川市の小学校へ寄贈。その際、訪中し銀川市内の小学校にて贈呈式に招待された。 2015年現在、「手稲山・発寒川編集室」代表。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2788622 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2966 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80250934 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 前田 満(まえだ みつる、1930年1月12日 - )は、日本の哺乳類学者。北海道出身。1975年に・・と『北海道林業技術発達史論』で林学賞受賞。 北海道教育大学(現北海道教育大学)卒業。北海道大学理学部動物学科の助手を経て、農林省林業試験場(現森林総合研究所)北海道支所・関西支所鳥獣研究室長を歴任。元農林水産省森林総合研究所関西支所保護部長。1988年3月、「森林施業の変遷と保護技術:エゾヤチネズミによる被害と防除法を中心として」で北海道大学農学博士。 1984年に(現)から出版された「北海道産野ネズミ類の研究 (太田嘉四夫編著)」の第5章 食物を・と共著した。 定年退職後、国際協力事業団(現国際協力機構)より、インドネシア熱帯降雨林研究プロジェクトのリーダーとして、また中国森林保護研究プロジェクトのリーダーとして各2年間派遣、現地ボルネオ島の熱帯林と中国寧夏回族自治区の砂漠に滞在して森林保護の技術指導にあたった。。 2014年10月、自身の著書である絵本『空飛ぶカエル』を現役時代の赴任先である中国寧夏回族自治区銀川市の小学校へ寄贈。その際、訪中し銀川市内の小学校にて贈呈式に招待された。 2015年現在、「手稲山・発寒川編集室」代表。 (ja)
  • 前田 満(まえだ みつる、1930年1月12日 - )は、日本の哺乳類学者。北海道出身。1975年に・・と『北海道林業技術発達史論』で林学賞受賞。 北海道教育大学(現北海道教育大学)卒業。北海道大学理学部動物学科の助手を経て、農林省林業試験場(現森林総合研究所)北海道支所・関西支所鳥獣研究室長を歴任。元農林水産省森林総合研究所関西支所保護部長。1988年3月、「森林施業の変遷と保護技術:エゾヤチネズミによる被害と防除法を中心として」で北海道大学農学博士。 1984年に(現)から出版された「北海道産野ネズミ類の研究 (太田嘉四夫編著)」の第5章 食物を・と共著した。 定年退職後、国際協力事業団(現国際協力機構)より、インドネシア熱帯降雨林研究プロジェクトのリーダーとして、また中国森林保護研究プロジェクトのリーダーとして各2年間派遣、現地ボルネオ島の熱帯林と中国寧夏回族自治区の砂漠に滞在して森林保護の技術指導にあたった。。 2014年10月、自身の著書である絵本『空飛ぶカエル』を現役時代の赴任先である中国寧夏回族自治区銀川市の小学校へ寄贈。その際、訪中し銀川市内の小学校にて贈呈式に招待された。 2015年現在、「手稲山・発寒川編集室」代表。 (ja)
rdfs:label
  • 前田満 (ja)
  • 前田満 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of