兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館を肇めとした文化施設(兼六園周辺文化の森)などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。

Property Value
dbo:abstract
  • 兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館を肇めとした文化施設(兼六園周辺文化の森)などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。 (ja)
  • 兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館を肇めとした文化施設(兼六園周辺文化の森)などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。 (ja)
dbo:category
dbo:location
dbo:locationCountry
dbo:visitorsPerYear
  • 259 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 860 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14890 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 15018 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80768717 (xsd:integer)
  • 85805907 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaCode
  • 76 (xsd:integer)
prop-ja:areaTotalKm
  • 0.160000 (xsd:double)
prop-ja:caption
  • 金沢市における位置 (ja)
  • 金沢市における位置 (ja)
prop-ja:imagesize
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 兼六町 (ja)
  • 兼六町 (ja)
prop-ja:populationAsOf
  • --04-01
prop-ja:populationDensityKm
  • auto (ja)
  • auto (ja)
prop-ja:populationTotal
  • 49 (xsd:integer)
prop-ja:postalCode
  • 920 (xsd:integer)
prop-ja:postalCodeType
prop-ja:registrationPlate
prop-ja:settlementType
prop-ja:subdivisionName
prop-ja:subdivisionType
prop-ja:timezone
prop-ja:utcOffset
  • +9 (ja)
  • +9 (ja)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アクセス
  • 金沢駅兼六園口(東口)から城下まち金沢周遊バスなどで約15分、兼六園下バス停下車 (ja)
  • 金沢駅兼六園口(東口)から城下まち金沢周遊バスなどで約15分、兼六園下バス停下車 (ja)
prop-ja:事務所
  • 石川県金沢城・兼六園管理事務所 (ja)
  • 石川県金沢城・兼六園管理事務所 (ja)
prop-ja:事務所所在地
  • 石川県金沢市丸の内1番1号 (ja)
  • 石川県金沢市丸の内1番1号 (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:分類
  • 池泉回遊式日本庭園 (ja)
  • 池泉回遊式日本庭園 (ja)
prop-ja:前身
  • 蓮池庭(1676年(延宝4年)) (ja)
  • 蓮池庭(1676年(延宝4年)) (ja)
prop-ja:名称
  • 兼六園 (ja)
  • 兼六園 (ja)
prop-ja:年来園者数
  • 259 (xsd:integer)
prop-ja:現況
  • --03-01
  • 年中開放(有料) (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 徽軫灯籠と霞ヶ池 (ja)
  • 徽軫灯籠と霞ヶ池 (ja)
prop-ja:経度分
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 136 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 43.700000 (xsd:double)
prop-ja:英語名称
  • Kenrokuen (ja)
  • Kenrokuen (ja)
prop-ja:運営者
  • 石川県 (ja)
  • 石川県 (ja)
prop-ja:都市
  • 石川県金沢市 (ja)
  • 石川県金沢市 (ja)
prop-ja:開園
  • --05-07
prop-ja:面積
  • 総面積 11.7ヘクタール (ja)
  • 総面積 11.7ヘクタール (ja)
prop-ja:駐車場
  • 270 (xsd:integer)
  • 554 (xsd:integer)
dct:subject
georss:point
  • 36.56213888888889 136.6625
rdf:type
rdfs:comment
  • 兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館を肇めとした文化施設(兼六園周辺文化の森)などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。 (ja)
  • 兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館を肇めとした文化施設(兼六園周辺文化の森)などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。 (ja)
rdfs:label
  • 兼六園 (ja)
  • 兼六園 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(136.66250610352 36.56213760376)
geo:lat
  • 36.562138 (xsd:float)
geo:long
  • 136.662506 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 兼六園 (ja)
  • 兼六園 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:location of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of