佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家。 東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂に日本画を学ぶ。 1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。 1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。 1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。 1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞。

Property Value
dbo:abstract
  • 佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家。 東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂に日本画を学ぶ。 1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。 1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。 1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。 1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞。 (ja)
  • 佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家。 東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂に日本画を学ぶ。 1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。 1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。 1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。 1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1972-11-13 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:influencedBy
dbo:nationality
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2226303 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2350 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79277035 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
prop-ja:birthName
  • 池田米子 (ja)
  • 池田米子 (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 東京府東京市京橋区銀座尾張町 (ja)
  • 東京府東京市京橋区銀座尾張町 (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1972-11-13 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都渋谷区 (ja)
  • 東京都渋谷区 (ja)
prop-ja:education
prop-ja:elected
  • 二紀会絵画部理事(1949年) (ja)
  • 二紀会絵画部理事(1949年) (ja)
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influencedBy
prop-ja:knownFor
  • 洋画家 (ja)
  • 洋画家 (ja)
prop-ja:name
  • 佐伯 米子 (ja)
  • 佐伯 米子 (ja)
prop-ja:spouse
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家。 東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂に日本画を学ぶ。 1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。 1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。 1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。 1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞。 (ja)
  • 佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家。 東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂に日本画を学ぶ。 1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。 1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。 1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。 1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞。 (ja)
rdfs:label
  • 佐伯米子 (ja)
  • 佐伯米子 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 佐伯 米子 (ja)
  • 佐伯 米子 (ja)
is dbo:influenced of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:spouse of
is foaf:primaryTopic of