伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日)は、日本の建築家、画家。在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。 伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキル・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという(人名用漢字の項も参照)。

Property Value
dbo:abstract
  • 伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日)は、日本の建築家、画家。在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。 伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキル・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという(人名用漢字の項も参照)。 (ja)
  • 伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日)は、日本の建築家、画家。在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。 伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキル・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという(人名用漢字の項も参照)。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:deathDate
  • 2011-06-26 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:nationality
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2377341 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3511 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75848462 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 村野藤吾賞(2010年) (ja)
  • 芸術文化勲章(2005年) (ja)
  • 村野藤吾賞(2010年) (ja)
  • 芸術文化勲章(2005年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --05-12
  • 庾 東龍(ユ・ ドンヨン) (ja)
prop-ja:deathDate
  • 2011-06-26 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:name
  • (いたみ じゅん) (ja)
  • 伊丹 潤 (ja)
  • (いたみ じゅん) (ja)
  • 伊丹 潤 (ja)
prop-ja:occupation
  • 建築家、画家 (ja)
  • 建築家、画家 (ja)
prop-ja:practiceName
  • 伊丹潤建築研究所 (ja)
  • 伊丹潤建築研究所 (ja)
prop-ja:significantBuildings
  • ゲストハウス PODO HOTEL (ja)
  • 墨の家 (ja)
  • 温陽美術館 (ja)
  • ゲストハウス PODO HOTEL (ja)
  • 墨の家 (ja)
  • 温陽美術館 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日)は、日本の建築家、画家。在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。 伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキル・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという(人名用漢字の項も参照)。 (ja)
  • 伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日)は、日本の建築家、画家。在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。 伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキル・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという(人名用漢字の項も参照)。 (ja)
rdfs:label
  • 伊丹潤 (ja)
  • 伊丹潤 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (いたみ じゅん) (ja)
  • 伊丹 潤 (ja)
  • 伊丹潤建築研究所 (ja)
  • (いたみ じゅん) (ja)
  • 伊丹 潤 (ja)
  • 伊丹潤建築研究所 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of