仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 紀元前450年ごろにインドで開始され、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の宗教者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南方に伝播した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北方に伝播し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。なお、『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)と記述がある(日本の仏教)。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 紀元前450年ごろにインドで開始され、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の宗教者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南方に伝播した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北方に伝播し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。なお、『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)と記述がある(日本の仏教)。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 紀元前450年ごろにインドで開始され、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の宗教者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南方に伝播した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北方に伝播し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。なお、『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)と記述がある(日本の仏教)。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 紀元前450年ごろにインドで開始され、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の宗教者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南方に伝播した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北方に伝播し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。なお、『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)と記述がある(日本の仏教)。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4182 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 30646 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 32214 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81189449 (xsd:integer)
  • 86704297 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Buddhism (ja)
  • Buddhism (ja)
prop-ja:d
  • Q748 (ja)
  • Q748 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:信仰対象
prop-ja:信者数
  • 約4億人 (ja)
  • 約4億人 (ja)
prop-ja:備考
prop-ja:創始者
prop-ja:国・地域
  • 主にアジア (ja)
  • 主にアジアの東・東南・南 (ja)
  • 主にアジア (ja)
  • 主にアジアの東・東南・南 (ja)
prop-ja:宗教名
  • 仏教 (ja)
  • 仏教 (ja)
prop-ja:宗派
  • 下記宗派参照 (ja)
  • 下記宗派参照 (ja)
prop-ja:成立年
prop-ja:教義
  • 苦の輪廻から解脱することを目的として種々の修行を行う (ja)
  • 苦の輪廻から解脱することを目的として種々の修行を行う (ja)
prop-ja:画像
  • 120 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:発祥地
  • ・ブッダガヤ (ja)
  • ・ブッダガヤ (ja)
prop-ja:聖典
prop-ja:聖地
prop-ja:背景色
  • #ff8c00 (ja)
  • #ff8c00 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 (ja)
  • 仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット: बौद्धधर्म、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 世界的にもキリスト教・イスラム教に次いで幅広い国々へ広がっており、世界宗教の一つとみなされている。特に東アジア、東南アジア、南アジアで広まっており、日本でも多くの信徒がおり、出版物も多い。 その教義は苦の輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。 (ja)
rdfs:label
  • 仏教 (ja)
  • 仏教 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:category of
is dbo:field of
is dbo:influencedBy of
is dbo:literaryGenre of
is dbo:mainInterest of
is dbo:occupation of
is dbo:religion of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:affiliation of
is prop-ja:data of
is prop-ja:demographics1Info of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:label of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:observedby of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:officialName of
is prop-ja:populationBlank of
is prop-ja:religion of
is prop-ja:religions of
is prop-ja:religious of
is prop-ja:religiousAffiliation of
is prop-ja:rels of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:テーマ of
is prop-ja:信仰 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:宗教 of
is prop-ja:宗旨 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:尊称 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:思想 of
is prop-ja:流派 of
is prop-ja:研究分野 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of