今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本の動物学者。 主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。 息子の今泉吉晴、今泉忠明も動物学者。孫のも動物についての共著がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本の動物学者。 主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。 息子の今泉吉晴、今泉忠明も動物学者。孫のも動物についての共著がある。 (ja)
  • 今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本の動物学者。 主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。 息子の今泉吉晴、今泉忠明も動物学者。孫のも動物についての共著がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2215742 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26556 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80215832 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本の動物学者。 主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。 息子の今泉吉晴、今泉忠明も動物学者。孫のも動物についての共著がある。 (ja)
  • 今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本の動物学者。 主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。 息子の今泉吉晴、今泉忠明も動物学者。孫のも動物についての共著がある。 (ja)
rdfs:label
  • 今泉吉典 (ja)
  • 今泉吉典 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:binomial of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:下位分類 of
is prop-ja:学名 of
is foaf:primaryTopic of