井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。

Property Value
dbo:abstract
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。主な代表作は、「闘牛」「氷壁」(現代小説)、「風林火山」(時代小説)、「天平の甍」「おろしや国酔夢譚」(歴史小説)、「敦煌」「孔子」(西域小説)、「あすなろ物語」「しろばんば」(自伝的小説)、「わが母の記」(私小説)など。 1950年(昭和25年)「闘牛」で芥川賞を受賞、私小説・心境小説が主流だった敗戦後の日本文学に物語性を回復させ、昭和文学の方向性を大きく変えた、戦後期を代表する作家のひとり。劣等感から来る孤独と人間の無常を、時間と空間を通した舞台と詩情あふれる文体・表現によって、多彩な物語のなかに描き、高い評価を得た。10代から83歳の絶筆まで生涯にわたって詩を書きつづけた、生粋の詩人でもある。 1950年代は、いわゆる中間小説とよばれた恋愛・社会小説を中心に書いたが、徐々にその作風を広げ、1960年代以降は、東アジアを舞台とした西域ものと呼ばれる歴史小説、幼少期以降の自己の境遇を基にした自伝的小説、敗戦後の日本高度成長と科学偏重の現代を憂う風刺小説、老いと死生観を主題とした心理小説・私小説など、幅広い作品を手掛けた。 まだ海外旅行が一般的でない昭和期に、欧米の大都市からソ連、東アジア・中東の秘境まで数々の地を何度も旅しており、それを基にした紀行文や各地の美術評論なども多い。 1980年には日中文化交流会会長、1981年には日本ペンクラブ会長に就任し、以後、文壇・文化人の代表としても、国内外で積極的な文化活動を行った。日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章。明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生きた作家である。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。主な代表作は、「闘牛」「氷壁」(現代小説)、「風林火山」(時代小説)、「天平の甍」「おろしや国酔夢譚」(歴史小説)、「敦煌」「孔子」(西域小説)、「あすなろ物語」「しろばんば」(自伝的小説)、「わが母の記」(私小説)など。 1950年(昭和25年)「闘牛」で芥川賞を受賞、私小説・心境小説が主流だった敗戦後の日本文学に物語性を回復させ、昭和文学の方向性を大きく変えた、戦後期を代表する作家のひとり。劣等感から来る孤独と人間の無常を、時間と空間を通した舞台と詩情あふれる文体・表現によって、多彩な物語のなかに描き、高い評価を得た。10代から83歳の絶筆まで生涯にわたって詩を書きつづけた、生粋の詩人でもある。 1950年代は、いわゆる中間小説とよばれた恋愛・社会小説を中心に書いたが、徐々にその作風を広げ、1960年代以降は、東アジアを舞台とした西域ものと呼ばれる歴史小説、幼少期以降の自己の境遇を基にした自伝的小説、敗戦後の日本高度成長と科学偏重の現代を憂う風刺小説、老いと死生観を主題とした心理小説・私小説など、幅広い作品を手掛けた。 まだ海外旅行が一般的でない昭和期に、欧米の大都市からソ連、東アジア・中東の秘境まで数々の地を何度も旅しており、それを基にした紀行文や各地の美術評論なども多い。 1980年には日中文化交流会会長、1981年には日本ペンクラブ会長に就任し、以後、文壇・文化人の代表としても、国内外で積極的な文化活動を行った。日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章。明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生きた作家である。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1991-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1936-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1991-01-29 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 42999 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23276 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 26959 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81517750 (xsd:integer)
  • 86717164 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 千葉亀雄賞(1936年) (ja)
  • 文化勲章(1976年) (ja)
  • 文藝春秋読者賞(1960年) (ja)
  • 日本文学大賞(1969年・1982年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1959年) (ja)
  • 朝日賞(1985年) (ja)
  • 毎日芸術賞(1960年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1950年) (ja)
  • 芸術選奨(1958年) (ja)
  • 菊池寛賞(1980年) (ja)
  • 読売文学賞(1964年) (ja)
  • 野間文芸賞(1961年・1989年) (ja)
  • 千葉亀雄賞(1936年) (ja)
  • 文化勲章(1976年) (ja)
  • 文藝春秋読者賞(1960年) (ja)
  • 日本文学大賞(1969年・1982年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1959年) (ja)
  • 朝日賞(1985年) (ja)
  • 毎日芸術賞(1960年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1950年) (ja)
  • 芸術選奨(1958年) (ja)
  • 菊池寛賞(1980年) (ja)
  • 読売文学賞(1964年) (ja)
  • 野間文芸賞(1961年・1989年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --05-06
prop-ja:birthPlace
  • 北海道旭川町 (ja)
  • (現:旭川市) (ja)
  • 北海道旭川町 (ja)
  • (現:旭川市) (ja)
prop-ja:caption
  • 1955 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1991-01-29 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都中央区築地(国立がんセンター) (ja)
  • 東京都中央区築地(国立がんセンター) (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 井上 靖 (ja)
  • (いのうえ やすし) (ja)
  • 井上 靖 (ja)
  • (いのうえ やすし) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『おろしや国酔夢譚』(1968年) (ja)
  • 『しろばんば』 (ja)
  • 『天平の甍』(1957年) (ja)
  • 『孔子』(1989年) (ja)
  • 『敦煌』(1959年) (ja)
  • 『氷壁』(1957年) (ja)
  • 『蒼き狼』(1963年) (ja)
  • 『風濤』(1963年) (ja)
  • 『闘牛』(1950年) (ja)
  • 『おろしや国酔夢譚』(1968年) (ja)
  • 『しろばんば』 (ja)
  • 『天平の甍』(1957年) (ja)
  • 『孔子』(1989年) (ja)
  • 『敦煌』(1959年) (ja)
  • 『氷壁』(1957年) (ja)
  • 『蒼き狼』(1963年) (ja)
  • 『風濤』(1963年) (ja)
  • 『闘牛』(1950年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1936 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1991年没 (ja)
  • 人1991年没 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。主な代表作は、「闘牛」「氷壁」(現代小説)、「風林火山」(時代小説)、「天平の甍」「おろしや国酔夢譚」(歴史小説)、「敦煌」「孔子」(西域小説)、「あすなろ物語」「しろばんば」(自伝的小説)、「わが母の記」(私小説)など。 1950年(昭和25年)「闘牛」で芥川賞を受賞、私小説・心境小説が主流だった敗戦後の日本文学に物語性を回復させ、昭和文学の方向性を大きく変えた、戦後期を代表する作家のひとり。劣等感から来る孤独と人間の無常を、時間と空間を通した舞台と詩情あふれる文体・表現によって、多彩な物語のなかに描き、高い評価を得た。10代から83歳の絶筆まで生涯にわたって詩を書きつづけた、生粋の詩人でもある。 1950年代は、いわゆる中間小説とよばれた恋愛・社会小説を中心に書いたが、徐々にその作風を広げ、1960年代以降は、東アジアを舞台とした西域ものと呼ばれる歴史小説、幼少期以降の自己の境遇を基にした自伝的小説、敗戦後の日本高度成長と科学偏重の現代を憂う風刺小説、老いと死生観を主題とした心理小説・私小説など、幅広い作品を手掛けた。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。 (ja)
  • 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家・詩人。主な代表作は、「闘牛」「氷壁」(現代小説)、「風林火山」(時代小説)、「天平の甍」「おろしや国酔夢譚」(歴史小説)、「敦煌」「孔子」(西域小説)、「あすなろ物語」「しろばんば」(自伝的小説)、「わが母の記」(私小説)など。 1950年(昭和25年)「闘牛」で芥川賞を受賞、私小説・心境小説が主流だった敗戦後の日本文学に物語性を回復させ、昭和文学の方向性を大きく変えた、戦後期を代表する作家のひとり。劣等感から来る孤独と人間の無常を、時間と空間を通した舞台と詩情あふれる文体・表現によって、多彩な物語のなかに描き、高い評価を得た。10代から83歳の絶筆まで生涯にわたって詩を書きつづけた、生粋の詩人でもある。 1950年代は、いわゆる中間小説とよばれた恋愛・社会小説を中心に書いたが、徐々にその作風を広げ、1960年代以降は、東アジアを舞台とした西域ものと呼ばれる歴史小説、幼少期以降の自己の境遇を基にした自伝的小説、敗戦後の日本高度成長と科学偏重の現代を憂う風刺小説、老いと死生観を主題とした心理小説・私小説など、幅広い作品を手掛けた。 (ja)
rdfs:label
  • 井上靖 (ja)
  • 井上靖 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 井上 靖 (ja)
  • (いのうえ やすし) (ja)
  • 井上 靖 (ja)
  • (いのうえ やすし) (ja)
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of