五山版(ござんばん)は、宋元時代のの出版隆盛の影響を受け、五山を中心として寺院で開版された刊本のことである。京都の五山が出版の中心であったが、鎌倉円覚寺の続灯庵などでも出版された。

Property Value
dbo:abstract
  • 五山版(ござんばん)は、宋元時代のの出版隆盛の影響を受け、五山を中心として寺院で開版された刊本のことである。京都の五山が出版の中心であったが、鎌倉円覚寺の続灯庵などでも出版された。 (ja)
  • 五山版(ござんばん)は、宋元時代のの出版隆盛の影響を受け、五山を中心として寺院で開版された刊本のことである。京都の五山が出版の中心であったが、鎌倉円覚寺の続灯庵などでも出版された。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 371847 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1171 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1181 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 70658611 (xsd:integer)
  • 82807189 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 五山版(ござんばん)は、宋元時代のの出版隆盛の影響を受け、五山を中心として寺院で開版された刊本のことである。京都の五山が出版の中心であったが、鎌倉円覚寺の続灯庵などでも出版された。 (ja)
  • 五山版(ござんばん)は、宋元時代のの出版隆盛の影響を受け、五山を中心として寺院で開版された刊本のことである。京都の五山が出版の中心であったが、鎌倉円覚寺の続灯庵などでも出版された。 (ja)
rdfs:label
  • 五山版 (ja)
  • 五山版 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of