五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は、日本の小説家。 五味の本名は「康祐」であり、ヨミは「やすすけ」であるとされてきた。なお、(公財)練馬区文化振興協会が所蔵する五味自筆の年譜では、本名についての記述はない。一方で、『五味康祐の世界展』図録の添付年譜には、「幼少時は『欣一』または『欣吾』と呼ばれていた」と記載されている。 五味が在学した明治大学に残る史料によると、五味の本名は五味 欣一である。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。『週刊新潮』をはじめとする出版社系週刊誌の爆発的流行と軌を一にする、昭和30年代から40年代(1950年代後半から1970年代前半)の流行作家であった。戦前の剣豪小説と全く異なる新たな剣豪小説の世界は、芥川賞受賞作『喪神』で始まったと言っても過言でないが、58歳という短い生涯であった。オーディオ・クラシック音楽評論でも著名で、「オーディオの神様」とも呼ばれ、『西方の音』『天の聲 西方の音』『オーディオ巡礼』『いい音 いい音楽』などの著書がある。 

Property Value
dbo:abstract
  • 五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は、日本の小説家。 五味の本名は「康祐」であり、ヨミは「やすすけ」であるとされてきた。なお、(公財)練馬区文化振興協会が所蔵する五味自筆の年譜では、本名についての記述はない。一方で、『五味康祐の世界展』図録の添付年譜には、「幼少時は『欣一』または『欣吾』と呼ばれていた」と記載されている。 五味が在学した明治大学に残る史料によると、五味の本名は五味 欣一である。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。『週刊新潮』をはじめとする出版社系週刊誌の爆発的流行と軌を一にする、昭和30年代から40年代(1950年代後半から1970年代前半)の流行作家であった。戦前の剣豪小説と全く異なる新たな剣豪小説の世界は、芥川賞受賞作『喪神』で始まったと言っても過言でないが、58歳という短い生涯であった。オーディオ・クラシック音楽評論でも著名で、「オーディオの神様」とも呼ばれ、『西方の音』『天の聲 西方の音』『オーディオ巡礼』『いい音 いい音楽』などの著書がある。  (ja)
  • 五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は、日本の小説家。 五味の本名は「康祐」であり、ヨミは「やすすけ」であるとされてきた。なお、(公財)練馬区文化振興協会が所蔵する五味自筆の年譜では、本名についての記述はない。一方で、『五味康祐の世界展』図録の添付年譜には、「幼少時は『欣一』または『欣吾』と呼ばれていた」と記載されている。 五味が在学した明治大学に残る史料によると、五味の本名は五味 欣一である。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。『週刊新潮』をはじめとする出版社系週刊誌の爆発的流行と軌を一にする、昭和30年代から40年代(1950年代後半から1970年代前半)の流行作家であった。戦前の剣豪小説と全く異なる新たな剣豪小説の世界は、芥川賞受賞作『喪神』で始まったと言っても過言でないが、58歳という短い生涯であった。オーディオ・クラシック音楽評論でも著名で、「オーディオの神様」とも呼ばれ、『西方の音』『天の聲 西方の音』『オーディオ巡礼』『いい音 いい音楽』などの著書がある。  (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1980-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1952-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthDate
  • 2020-02-01 (xsd:date)
dbo:birthName
  • 五味 欣一 (ja)
  • 五味 欣一 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathPlace
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:restingPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 332221 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9387 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 9650 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81395658 (xsd:integer)
  • 86309974 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 明治大学専門部文芸科本科 除名 (ja)
  • 明治大学専門部文芸科本科 除名 (ja)
prop-ja:awards
  • 芥川龍之介賞(1953年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1953年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --12-20
prop-ja:birthName
  • 五味 欣一 (ja)
  • 五味 欣一 (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 大阪市南区(現・中央区)難波町 (ja)
  • ・大阪市南区(現・中央区)難波町 (ja)
  • 大阪市南区(現・中央区)難波町 (ja)
  • ・大阪市南区(現・中央区)難波町 (ja)
prop-ja:caption
  • 1955 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • --04-01
prop-ja:deathPlace
  • 東京都千代田区富士見 東京逓信病院 (ja)
  • ・東京都千代田区富士見 東京逓信病院 (ja)
  • 東京都千代田区富士見 東京逓信病院 (ja)
  • ・東京都千代田区富士見 東京逓信病院 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『喪神』 (ja)
  • 『喪神』 (ja)
prop-ja:genre
  • オーディオ・クラシック音楽評論 (ja)
  • 剣豪小説 (ja)
  • 手相・観相学・麻雀研究 (ja)
  • オーディオ・クラシック音楽評論 (ja)
  • 剣豪小説 (ja)
  • 手相・観相学・麻雀研究 (ja)
prop-ja:name
  • 五味 康祐 (ja)
  • (ごみ やすすけ) (ja)
  • 五味 康祐 (ja)
  • (ごみ やすすけ) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『二人の武蔵』 (ja)
  • 『柳生武芸帳』 (ja)
  • 『薄桜記』 (ja)
  • 『二人の武蔵』 (ja)
  • 『柳生武芸帳』 (ja)
  • 『薄桜記』 (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:restingPlace
  • 鎌倉市山ノ内 建長寺回春院 (ja)
  • 鎌倉市山ノ内 建長寺回春院 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は、日本の小説家。 五味の本名は「康祐」であり、ヨミは「やすすけ」であるとされてきた。なお、(公財)練馬区文化振興協会が所蔵する五味自筆の年譜では、本名についての記述はない。一方で、『五味康祐の世界展』図録の添付年譜には、「幼少時は『欣一』または『欣吾』と呼ばれていた」と記載されている。 五味が在学した明治大学に残る史料によると、五味の本名は五味 欣一である。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。『週刊新潮』をはじめとする出版社系週刊誌の爆発的流行と軌を一にする、昭和30年代から40年代(1950年代後半から1970年代前半)の流行作家であった。戦前の剣豪小説と全く異なる新たな剣豪小説の世界は、芥川賞受賞作『喪神』で始まったと言っても過言でないが、58歳という短い生涯であった。オーディオ・クラシック音楽評論でも著名で、「オーディオの神様」とも呼ばれ、『西方の音』『天の聲 西方の音』『オーディオ巡礼』『いい音 いい音楽』などの著書がある。  (ja)
  • 五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は、日本の小説家。 五味の本名は「康祐」であり、ヨミは「やすすけ」であるとされてきた。なお、(公財)練馬区文化振興協会が所蔵する五味自筆の年譜では、本名についての記述はない。一方で、『五味康祐の世界展』図録の添付年譜には、「幼少時は『欣一』または『欣吾』と呼ばれていた」と記載されている。 五味が在学した明治大学に残る史料によると、五味の本名は五味 欣一である。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。『週刊新潮』をはじめとする出版社系週刊誌の爆発的流行と軌を一にする、昭和30年代から40年代(1950年代後半から1970年代前半)の流行作家であった。戦前の剣豪小説と全く異なる新たな剣豪小説の世界は、芥川賞受賞作『喪神』で始まったと言っても過言でないが、58歳という短い生涯であった。オーディオ・クラシック音楽評論でも著名で、「オーディオの神様」とも呼ばれ、『西方の音』『天の聲 西方の音』『オーディオ巡礼』『いい音 いい音楽』などの著書がある。  (ja)
rdfs:label
  • 五味康祐 (ja)
  • 五味康祐 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 五味 康祐 (ja)
  • (ごみ やすすけ) (ja)
  • 五味 康祐 (ja)
  • (ごみ やすすけ) (ja)
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of