両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱きうる性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めて本格的に研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱きうる性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めて本格的に研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。 (ja)
  • 両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱きうる性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めて本格的に研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 60076 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17658 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80181835 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱きうる性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めて本格的に研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。 (ja)
  • 両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱きうる性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めて本格的に研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。 (ja)
rdfs:label
  • 両性愛 (ja)
  • 両性愛 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of