『レダと白鳥』(伊: Leda col cigno, 英: Leda and the Swan)は、イタリアのルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが制作した絵画である。1692年以降に失われたと考えられているが、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身による準備素描と複数の複製から現在でも絵画のおおよその姿がわかっている。主題はギリシア神話のスパルタの王テュンダレオスの妃レダに対するゼウス(ローマ神話のユピテル)の恋の物語から取られている。神話によるとレダは白鳥に変身したゼウスによって誘惑され、同じ夜にテュンダレオスと同衾した結果、ゼウスの子供としてヘレネとポリュデウケスが、テュンダレオスの子供としてクリュタイムネストラとカストルが生まれた。現在伝わっている複製は(の作例を除いて)2つの異なる瞬間、レダと白鳥の出会い、そして卵が孵化した後の4人の子供の誕生の瞬間を描いている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『レダと白鳥』(伊: Leda col cigno, 英: Leda and the Swan)は、イタリアのルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが制作した絵画である。1692年以降に失われたと考えられているが、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身による準備素描と複数の複製から現在でも絵画のおおよその姿がわかっている。主題はギリシア神話のスパルタの王テュンダレオスの妃レダに対するゼウス(ローマ神話のユピテル)の恋の物語から取られている。神話によるとレダは白鳥に変身したゼウスによって誘惑され、同じ夜にテュンダレオスと同衾した結果、ゼウスの子供としてヘレネとポリュデウケスが、テュンダレオスの子供としてクリュタイムネストラとカストルが生まれた。現在伝わっている複製は(の作例を除いて)2つの異なる瞬間、レダと白鳥の出会い、そして卵が孵化した後の4人の子供の誕生の瞬間を描いている。 (ja)
  • 『レダと白鳥』(伊: Leda col cigno, 英: Leda and the Swan)は、イタリアのルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが制作した絵画である。1692年以降に失われたと考えられているが、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身による準備素描と複数の複製から現在でも絵画のおおよその姿がわかっている。主題はギリシア神話のスパルタの王テュンダレオスの妃レダに対するゼウス(ローマ神話のユピテル)の恋の物語から取られている。神話によるとレダは白鳥に変身したゼウスによって誘惑され、同じ夜にテュンダレオスと同衾した結果、ゼウスの子供としてヘレネとポリュデウケスが、テュンダレオスの子供としてクリュタイムネストラとカストルが生まれた。現在伝わっている複製は(の作例を除いて)2つの異なる瞬間、レダと白鳥の出会い、そして卵が孵化した後の4人の子供の誕生の瞬間を描いている。 (ja)
dbo:creator
dbo:painter
dbo:title
  • Leda and the Swan (ja)
  • Leda e il cigno (ja)
  • Leda and the Swan (ja)
  • Leda e il cigno (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4435158 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14551 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85403624 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ(逸名画家、おそらくによる複製の1つ) (ja)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ(逸名画家、おそらくによる複製の1つ) (ja)
prop-ja:imageFile
  • Leda and the Swan 1505-1510.jpg (ja)
  • Leda and the Swan 1505-1510.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 360 (xsd:integer)
prop-ja:museum
  • 現存せず(おそらく破棄あるいは紛失) (ja)
  • 現存せず(おそらく破棄あるいは紛失) (ja)
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Leda and the Swan (ja)
  • Leda e il cigno (ja)
  • Leda and the Swan (ja)
  • Leda e il cigno (ja)
prop-ja:title
  • レダと白鳥 (ja)
  • レダと白鳥 (ja)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『レダと白鳥』(伊: Leda col cigno, 英: Leda and the Swan)は、イタリアのルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが制作した絵画である。1692年以降に失われたと考えられているが、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身による準備素描と複数の複製から現在でも絵画のおおよその姿がわかっている。主題はギリシア神話のスパルタの王テュンダレオスの妃レダに対するゼウス(ローマ神話のユピテル)の恋の物語から取られている。神話によるとレダは白鳥に変身したゼウスによって誘惑され、同じ夜にテュンダレオスと同衾した結果、ゼウスの子供としてヘレネとポリュデウケスが、テュンダレオスの子供としてクリュタイムネストラとカストルが生まれた。現在伝わっている複製は(の作例を除いて)2つの異なる瞬間、レダと白鳥の出会い、そして卵が孵化した後の4人の子供の誕生の瞬間を描いている。 (ja)
  • 『レダと白鳥』(伊: Leda col cigno, 英: Leda and the Swan)は、イタリアのルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが制作した絵画である。1692年以降に失われたと考えられているが、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身による準備素描と複数の複製から現在でも絵画のおおよその姿がわかっている。主題はギリシア神話のスパルタの王テュンダレオスの妃レダに対するゼウス(ローマ神話のユピテル)の恋の物語から取られている。神話によるとレダは白鳥に変身したゼウスによって誘惑され、同じ夜にテュンダレオスと同衾した結果、ゼウスの子供としてヘレネとポリュデウケスが、テュンダレオスの子供としてクリュタイムネストラとカストルが生まれた。現在伝わっている複製は(の作例を除いて)2つの異なる瞬間、レダと白鳥の出会い、そして卵が孵化した後の4人の子供の誕生の瞬間を描いている。 (ja)
rdfs:label
  • レダと白鳥 (レオナルド) (ja)
  • レダと白鳥 (レオナルド) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レダと白鳥 (ja)
  • レダと白鳥 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of