ルーヴル宮殿(ルーヴルきゅうでん、仏: Palais du Louvre、IPA: [palɛ dy luvʁ])は、かつて歴代フランス王の王宮として使用されていた宮殿。パリのセーヌ川右岸に位置し、西側のテュイルリー庭園と東側のサンジェルマン・ロクセロワ教会の間にある。ルーヴル宮殿の北側はリヴォリ通り (en:Rue de Rivoli) に面し、南側はフランソワ・ミッテラン通り (en:Quai François Mitterrand) に面している。中世に建築が始められ、16世紀以降増改築を繰り返されてきた。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に遷宮するまで、事実上の歴代フランス王宮としての役割を果たしている。ルーヴル宮殿は1682年以降も、アンシャン・レジームが終焉する1789年まで、名目上、あるいは公式な政庁として使用されていた。その後ルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設され、また、様々な官公庁部署が収容されていった。

Property Value
dbo:abstract
  • ルーヴル宮殿(ルーヴルきゅうでん、仏: Palais du Louvre、IPA: [palɛ dy luvʁ])は、かつて歴代フランス王の王宮として使用されていた宮殿。パリのセーヌ川右岸に位置し、西側のテュイルリー庭園と東側のサンジェルマン・ロクセロワ教会の間にある。ルーヴル宮殿の北側はリヴォリ通り (en:Rue de Rivoli) に面し、南側はフランソワ・ミッテラン通り (en:Quai François Mitterrand) に面している。中世に建築が始められ、16世紀以降増改築を繰り返されてきた。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に遷宮するまで、事実上の歴代フランス王宮としての役割を果たしている。ルーヴル宮殿は1682年以降も、アンシャン・レジームが終焉する1789年まで、名目上、あるいは公式な政庁として使用されていた。その後ルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設され、また、様々な官公庁部署が収容されていった。 現在のルーヴル宮殿は広大な両翼と4棟の主たる建造物で構成されている。数世紀にわたって幾度も増改築が繰り返されてきた結果、全体としての建築様式は統一されているとは言えない。建造物の総面積は約40ヘクタールで、ナポレオン1世時代に完成したクール・カレ(方形中庭)と、ナポレオン3世時代に整備が開始されたさらに広いクール・ナポレオン(ナポレオン中庭/ナポレオン広場)の二面の大きな中庭がある。このクール・ナポレオンは西側でカルーゼル広場に面している。 ルーヴル宮殿の構成は、中世からルネサンス期に建造された、クール・カレを囲む建築物や翼棟とセーヌ河岸に沿って長く伸びるグランド・ギャルリ(大展示室)で構成される通称「旧ルーヴル」と、19世紀以降に建造された、クール・ナポレオンの北側と南側に沿って延びる建築物と翼棟、1871年に焼失したテュイルリー宮殿の遺構となるテュイルリー庭園から構成される通称「新ルーヴル」に大別される。現在ではルーヴル宮殿全体の総床面積のうち、約60,600平方メートル以上が美術品の展示場所として使用されている。 (ja)
  • ルーヴル宮殿(ルーヴルきゅうでん、仏: Palais du Louvre、IPA: [palɛ dy luvʁ])は、かつて歴代フランス王の王宮として使用されていた宮殿。パリのセーヌ川右岸に位置し、西側のテュイルリー庭園と東側のサンジェルマン・ロクセロワ教会の間にある。ルーヴル宮殿の北側はリヴォリ通り (en:Rue de Rivoli) に面し、南側はフランソワ・ミッテラン通り (en:Quai François Mitterrand) に面している。中世に建築が始められ、16世紀以降増改築を繰り返されてきた。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に遷宮するまで、事実上の歴代フランス王宮としての役割を果たしている。ルーヴル宮殿は1682年以降も、アンシャン・レジームが終焉する1789年まで、名目上、あるいは公式な政庁として使用されていた。その後ルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設され、また、様々な官公庁部署が収容されていった。 現在のルーヴル宮殿は広大な両翼と4棟の主たる建造物で構成されている。数世紀にわたって幾度も増改築が繰り返されてきた結果、全体としての建築様式は統一されているとは言えない。建造物の総面積は約40ヘクタールで、ナポレオン1世時代に完成したクール・カレ(方形中庭)と、ナポレオン3世時代に整備が開始されたさらに広いクール・ナポレオン(ナポレオン中庭/ナポレオン広場)の二面の大きな中庭がある。このクール・ナポレオンは西側でカルーゼル広場に面している。 ルーヴル宮殿の構成は、中世からルネサンス期に建造された、クール・カレを囲む建築物や翼棟とセーヌ河岸に沿って長く伸びるグランド・ギャルリ(大展示室)で構成される通称「旧ルーヴル」と、19世紀以降に建造された、クール・ナポレオンの北側と南側に沿って延びる建築物と翼棟、1871年に焼失したテュイルリー宮殿の遺構となるテュイルリー庭園から構成される通称「新ルーヴル」に大別される。現在ではルーヴル宮殿全体の総床面積のうち、約60,600平方メートル以上が美術品の展示場所として使用されている。 (ja)
dbo:id
  • 600
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 143162 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25251 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 30687 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81060042 (xsd:integer)
  • 85572806 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:architecturalStyle
  • ゴシック様式(13世紀、14世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • 新古典様式・新バロック様式・ナポレオン3世様式(19世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • ルイ13世様式・バロック様式(17世紀、18世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • モダニズム様式(20世紀に増改築された箇所) (ja)
  • ルネサンス様式(16世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • ゴシック様式(13世紀、14世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • 新古典様式・新バロック様式・ナポレオン3世様式(19世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • ルイ13世様式・バロック様式(17世紀、18世紀に増改築された箇所)、 (ja)
  • モダニズム様式(20世紀に増改築された箇所) (ja)
  • ルネサンス様式(16世紀に増改築された箇所)、 (ja)
prop-ja:buildingType
prop-ja:caption
  • クール・ナポレオンから撮影したルーヴル宮殿とルーヴル・ピラミッドの夜景。 (ja)
  • クール・ナポレオンから撮影したルーヴル宮殿とルーヴル・ピラミッドの夜景。 (ja)
prop-ja:completionDate
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:country
  • フランス (ja)
  • フランス (ja)
prop-ja:criterionC
  • ,, (ja)
  • ,, (ja)
prop-ja:enName
  • Paris, Banks of the Seine (ja)
  • Paris, Banks of the Seine (ja)
prop-ja:frName
  • Paris, rives de la Seine (ja)
  • Paris, rives de la Seine (ja)
prop-ja:jaName
  • パリのセーヌ河岸 (ja)
  • パリのセーヌ河岸 (ja)
prop-ja:mapImg
  • 画像:LocMap of WH Paris.png (ja)
  • 画像:LocMap of WH Paris.png (ja)
prop-ja:mapImgWidth
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ルーヴル宮殿 (ja)
  • ルーヴル宮殿 (ja)
prop-ja:nativeName
  • Palais du Louvre (ja)
  • Palais du Louvre (ja)
prop-ja:rgYear
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • ファイル:Palais du Louvre - Paris.jpg (ja)
  • ファイル:Palais du Louvre - Paris.jpg (ja)
prop-ja:siteImgCapt
  • ルーヴル宮殿の鳥瞰 (ja)
  • ルーヴル宮殿の鳥瞰 (ja)
prop-ja:siteImgWidth
  • 290 (xsd:integer)
prop-ja:startDate
  • 1202 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
georss:point
  • 48.861111111111114 2.336388888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • ルーヴル宮殿(ルーヴルきゅうでん、仏: Palais du Louvre、IPA: [palɛ dy luvʁ])は、かつて歴代フランス王の王宮として使用されていた宮殿。パリのセーヌ川右岸に位置し、西側のテュイルリー庭園と東側のサンジェルマン・ロクセロワ教会の間にある。ルーヴル宮殿の北側はリヴォリ通り (en:Rue de Rivoli) に面し、南側はフランソワ・ミッテラン通り (en:Quai François Mitterrand) に面している。中世に建築が始められ、16世紀以降増改築を繰り返されてきた。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に遷宮するまで、事実上の歴代フランス王宮としての役割を果たしている。ルーヴル宮殿は1682年以降も、アンシャン・レジームが終焉する1789年まで、名目上、あるいは公式な政庁として使用されていた。その後ルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設され、また、様々な官公庁部署が収容されていった。 (ja)
  • ルーヴル宮殿(ルーヴルきゅうでん、仏: Palais du Louvre、IPA: [palɛ dy luvʁ])は、かつて歴代フランス王の王宮として使用されていた宮殿。パリのセーヌ川右岸に位置し、西側のテュイルリー庭園と東側のサンジェルマン・ロクセロワ教会の間にある。ルーヴル宮殿の北側はリヴォリ通り (en:Rue de Rivoli) に面し、南側はフランソワ・ミッテラン通り (en:Quai François Mitterrand) に面している。中世に建築が始められ、16世紀以降増改築を繰り返されてきた。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に遷宮するまで、事実上の歴代フランス王宮としての役割を果たしている。ルーヴル宮殿は1682年以降も、アンシャン・レジームが終焉する1789年まで、名目上、あるいは公式な政庁として使用されていた。その後ルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設され、また、様々な官公庁部署が収容されていった。 (ja)
rdfs:label
  • ルーヴル宮殿 (ja)
  • ルーヴル宮殿 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(2.3363888263702 48.861110687256)
geo:lat
  • 48.861111 (xsd:float)
geo:long
  • 2.336389 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • パリのセーヌ河岸 (ja)
  • Paris, Banks of the Seine (ja)
  • Paris, rives de la Seine (ja)
  • パリのセーヌ河岸 (ja)
  • Paris, Banks of the Seine (ja)
  • Paris, rives de la Seine (ja)
is dbo:deathPlace of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:生地 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of