ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。 州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。

Property Value
dbo:abstract
  • ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。 州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。 (ja)
  • ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。 州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 38648 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 63434 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77730646 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:float
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:isoコード
  • US-LA (ja)
  • US-LA (ja)
prop-ja:title
  • 家庭で話される言語(ルイジアナ州) 2010 (ja)
  • 人種構成(ルイジアナ州) 2010 (ja)
  • 家庭で話される言語(ルイジアナ州) 2010 (ja)
  • 人種構成(ルイジアナ州) 2010 (ja)
prop-ja:titlebar
  • #ddd (ja)
  • #ddd (ja)
prop-ja:website
  • www.louisiana.gov (ja)
  • www.louisiana.gov (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上院議員
prop-ja:人口値
  • 4533372 (xsd:integer)
prop-ja:人口大きさ
  • 1000000 (xsd:integer)
prop-ja:人口密度
  • 40.500000 (xsd:double)
prop-ja:人口統計年
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:人口順位
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:公式名称
  • State of Louisiana (ja)
  • État de Louisiane (ja)
  • State of Louisiana (ja)
  • État de Louisiane (ja)
prop-ja:公用語
  • 法的根拠はないが事実上は英語。1974年発布の州憲法では、フランス語などマイノリティ言語の保存・発展が尊重されている。 (ja)
  • 法的根拠はないが事実上は英語。1974年発布の州憲法では、フランス語などマイノリティ言語の保存・発展が尊重されている。 (ja)
prop-ja:加入日
  • --04-30
prop-ja:加入順
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:地図
  • Louisiana in United States.svg (ja)
  • Louisiana in United States.svg (ja)
prop-ja:夏時間
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:州旗
  • Flag of Louisiana.svg (ja)
  • Flag of Louisiana.svg (ja)
prop-ja:州知事
prop-ja:州章
  • Seal of Louisiana.svg (ja)
  • Seal of Louisiana.svg (ja)
prop-ja:州都
prop-ja:
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:平均標高
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:愛称
prop-ja:時間帯
  • -6 (xsd:integer)
prop-ja:最低標高
  • -2.500000 (xsd:double)
prop-ja:最大都市
prop-ja:最高標高
  • 163 (xsd:integer)
prop-ja:水域面積
  • 21455 (xsd:integer)
prop-ja:水面積率
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:経度
  • 89 (xsd:integer)
prop-ja:総面積
  • 135382 (xsd:integer)
prop-ja:緯度
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:長さ
  • 610 (xsd:integer)
prop-ja:陸地面積
  • 112927 (xsd:integer)
prop-ja:面積大きさ
  • 100000000000 (xsd:decimal)
prop-ja:面積順位
  • 31 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。 州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。 (ja)
  • ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。 州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。 (ja)
rdfs:label
  • ルイジアナ州 (ja)
  • ルイジアナ州 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:hometown of
is dbo:location of
is dbo:locationCity of
is dbo:occupation of
is dbo:predecessor of
is dbo:region of
is dbo:spokenIn of
is dbo:state of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:area of
is prop-ja:areas of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:died of
is prop-ja:homeState of
is prop-ja:jurisdiction of
is prop-ja:locale of
is prop-ja:location of
is prop-ja:mouthState of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:place of
is prop-ja:popplace of
is prop-ja:recorded of
is prop-ja:region of
is prop-ja:state of
is prop-ja:states of
is prop-ja:下位区分名 of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:出身地 of
is prop-ja:所在地 of
is prop-ja:本社所在地 of
is prop-ja:死没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is prop-ja:選挙区 of
is foaf:primaryTopic of