リック・ディアス (RICK DIAS) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドム、リック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 メカニックデザインは永野護。 当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。

Property Value
dbo:abstract
  • リック・ディアス (RICK DIAS) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドム、リック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 メカニックデザインは永野護。 当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。 (ja)
  • リック・ディアス (RICK DIAS) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドム、リック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 メカニックデザインは永野護。 当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 76994 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 37899 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80562032 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:2全備重量
  • 70.0
prop-ja:2全高
  • 23.0m (ja)
  • 23.0m (ja)
prop-ja:2名称
  • MODIFIED RICK DIJE (ja)
  • リック・ディジェ改 (ja)
  • MODIFIED RICK DIJE (ja)
  • リック・ディジェ改 (ja)
prop-ja:2型式番号
  • MSK-008R (ja)
  • MSK-008R (ja)
prop-ja:2搭乗者
  • アムロ・レイ (ja)
  • アムロ・レイ (ja)
prop-ja:2武装
  • シールド×1 (ja)
  • ビーム・サーベル×2 (ja)
  • 頭部バルカン×2 (ja)
  • ビーム・ライフル×1 (ja)
  • クレイ・バズーカ×1 (ja)
  • ハイパー・メガ・ランチャー×1 (ja)
  • シールド×1 (ja)
  • ビーム・サーベル×2 (ja)
  • 頭部バルカン×2 (ja)
  • ビーム・ライフル×1 (ja)
  • クレイ・バズーカ×1 (ja)
  • ハイパー・メガ・ランチャー×1 (ja)
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×7 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×6 (ja)
  • 姿勢制御用バーニア×6 (ja)
  • 姿勢制御用バーニア×9 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×7 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×6 (ja)
  • 姿勢制御用バーニア×6 (ja)
  • 姿勢制御用バーニア×9 (ja)
prop-ja:センサー
  • 不明 (ja)
  • 11,700m (ja)
  • 11,500m (ja)
  • 11,200m (ja)
  • 不明 (ja)
  • 11,700m (ja)
  • 11,500m (ja)
  • 11,200m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 51.8
  • 58.3
  • 48.3
  • 54.7
  • 61.3
  • 56.7
  • 58.2
  • 59.7
prop-ja:全高
  • 1080.0
  • 1530.0
  • 23.0m (ja)
  • 23.8m (ja)
  • 24.0m (ja)
  • 24.05m (ja)
prop-ja:出力
  • 不明 (ja)
  • 1790.0
  • 1850.0
  • 1920.0
  • 1833.0
  • 1892.0
prop-ja:名称
  • リック・ディアス (ja)
  • DIJEH (ja)
  • DIJEH SE-R (ja)
  • PROTOTYPE RICK DIAS (ja)
  • RICK DIAS (ja)
  • RICK DIAS II (ja)
  • RICK DIJE (ja)
  • SCHUZRUM-DIAS (ja)
  • シュツルム・ディアス (ja)
  • スーパーディアス (ja)
  • ディジェ (ja)
  • ディジェSE-R (ja)
  • プロトタイプ・リック・ディアス (ja)
  • リック・ディアスII (ja)
  • リック・ディアスS (ja)
  • リック・ディジェ (ja)
  • リック・ディアス (ja)
  • DIJEH (ja)
  • DIJEH SE-R (ja)
  • PROTOTYPE RICK DIAS (ja)
  • RICK DIAS (ja)
  • RICK DIAS II (ja)
  • RICK DIJE (ja)
  • SCHUZRUM-DIAS (ja)
  • シュツルム・ディアス (ja)
  • スーパーディアス (ja)
  • ディジェ (ja)
  • ディジェSE-R (ja)
  • プロトタイプ・リック・ディアス (ja)
  • リック・ディアスII (ja)
  • リック・ディアスS (ja)
  • リック・ディジェ (ja)
prop-ja:型式番号
  • MSA-099-2 (ja)
  • MSK-008 (ja)
  • MSK-008R (ja)
  • MSK-008SR (ja)
  • RMS-099 / MSA-099 (ja)
  • RMS-099B / RMS-099RS (ja)
  • RMS-099S (ja)
  • RMS-099S+D Defenser (ja)
  • RX-098 (ja)
  • SE.DJ-1R (ja)
  • MSA-099-2 (ja)
  • MSK-008 (ja)
  • MSK-008R (ja)
  • MSK-008SR (ja)
  • RMS-099 / MSA-099 (ja)
  • RMS-099B / RMS-099RS (ja)
  • RMS-099S (ja)
  • RMS-099S+D Defenser (ja)
  • RX-098 (ja)
  • SE.DJ-1R (ja)
prop-ja:所属
  • エゥーゴ (ja)
  • エゥーゴ (ja)
prop-ja:推力
  • 7900 (xsd:integer)
  • 10300 (xsd:integer)
  • 10600 (xsd:integer)
  • 18000 (xsd:integer)
  • 19300 (xsd:integer)
  • 28000 (xsd:integer)
  • 34200 (xsd:integer)
  • 37400 (xsd:integer)
  • 不明 (ja)
  • 78500.0
  • 総推力:102,200kg (ja)
  • 総推力:105,000kg (ja)
  • 総推力:74,000kg (ja)
  • 総推力:74,800kg (ja)
  • 総推力:89,8000kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:本体重量
  • 32.5
  • 28.6
  • 31.3
prop-ja:武装
  • 2 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:ビームサーベル
  • dbpedia-ja:モビルスーツ
  • 不明 (ja)
  • バルカン砲 (ja)
  • マシンガン (ja)
  • バルカン砲×2 (ja)
  • ビーム・サーベル (ja)
  • ビーム・サーベル×2 (ja)
  • ビーム・ライフル (ja)
  • クレイ・バズーカ (ja)
  • ビーム・カノン×2 (ja)
  • 頭部バルカン×2 (ja)
  • ビーム・ライフル×1 (ja)
  • ビーム・ナギナタ (ja)
  • バルカン・ファランクス (ja)
  • ビーム・ピストル (ja)
  • ハイパー・ビーム・サーベル×2 (ja)
  • クレイ・バズーカ×1 (ja)
  • シールド(グレネード×4)×1 (ja)
  • ハイパー・メガ・ランチャー×1 (ja)
  • バルカンファランクス (ja)
  • ビーム・ナギナタ×1 (ja)
  • ビーム・ピストル×2 (ja)
  • ロングレンジ・バズーカ (ja)
  • 頭部バルカン・ファランクス×2 (ja)
prop-ja:範囲
  • 当初は、装甲材にガンダリウムγを使用してはいるものの、機体構造にムーバブル・フレームを採用していないという設定だった。しかし、のちに第2世代MSの条件が「装甲およびフレームの材質がガンダリウムγ」「全天周モニターとリニアシートを装備」「ムーバブル・フレームを採用」と変更されたため、完成度はガンダムMk-IIに採用されているものに及ばないながら、アナハイム社が独自に開発した最初期のムーバブル・フレームが採用されているという設定に改められた(ただし、ガンダリウム合金ではないガンダムMk-IIと同様に完全な第2世代MSとは言いがたい過渡期のMSであり、第1.5世代MSとも呼ばれる) (ja)
  • 当初は、装甲材にガンダリウムγを使用してはいるものの、機体構造にムーバブル・フレームを採用していないという設定だった。しかし、のちに第2世代MSの条件が「装甲およびフレームの材質がガンダリウムγ」「全天周モニターとリニアシートを装備」「ムーバブル・フレームを採用」と変更されたため、完成度はガンダムMk-IIに採用されているものに及ばないながら、アナハイム社が独自に開発した最初期のムーバブル・フレームが採用されているという設定に改められた(ただし、ガンダリウム合金ではないガンダムMk-IIと同様に完全な第2世代MSとは言いがたい過渡期のMSであり、第1.5世代MSとも呼ばれる) (ja)
prop-ja:装甲
  • dbpedia-ja:ガンダリウム合金
  • ガンダリウム合金 (ja)
  • チタン・セラミック複合材 (ja)
  • ガンダリウムα (ja)
  • ガンダリウム合金(推定) (ja)
prop-ja:重量
  • 40.5
  • 32.2
  • 30.7
  • 33.9
prop-ja:頭頂高
  • 19.0m (ja)
  • 18.0m (ja)
  • 18.4m (ja)
  • 19.2m (ja)
  • 18m (ja)
  • 18.52m (ja)
  • 18.6m (ja)
  • 18.7m (ja)
  • 19.0m (ja)
  • 18.0m (ja)
  • 18.4m (ja)
  • 19.2m (ja)
  • 18m (ja)
  • 18.52m (ja)
  • 18.6m (ja)
  • 18.7m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • リック・ディアス (RICK DIAS) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドム、リック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 メカニックデザインは永野護。 当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。 (ja)
  • リック・ディアス (RICK DIAS) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドム、リック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 メカニックデザインは永野護。 当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。 (ja)
rdfs:label
  • リック・ディアス (ja)
  • リック・ディアス (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of