リザ・デル・ジョコンド(伊: Lisa del Giocondo、1479年6月15日 - 1542年7月15日 / 1551年頃)、またはリザ・ゲラルディーニ(伊: Lisa Gherardini)は、イタリアのフィレンツェとトスカーナの旧家であるゲラルディーニ家の女性。夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドがルネサンス盛期の画家レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼して描かせた肖像画は、リザの名前から『モナ・リザ』と呼ばれている。 リザの生涯についてはあまり伝わっていない。フィレンツェで生まれ、後にフィレンツェの行政官となる絹布商人フランチェスコに10代で嫁いだ。5人の子供に恵まれ、平穏でごく普通の中流階級の暮らしを送ったと考えられている。リザは年長だったと思われる夫よりも長生きした。 リザの死後数世紀を経て、『モナ・リザ』は世界でもっとも有名な絵画作品となっていったが、モデルとなった実在の女性リザ・デル・ジョコンドの存在は忘れられていった。実在のリザとは無関係に、美術学者や美術愛好家によって『モナ・リザ』は世界的に有名なアイコンとなり、商業化されていったのである。しかしながら、2005年にリザこそが『モナ・リザ』のモデルだったということが決定的に証明された。

Property Value
dbo:abstract
  • リザ・デル・ジョコンド(伊: Lisa del Giocondo、1479年6月15日 - 1542年7月15日 / 1551年頃)、またはリザ・ゲラルディーニ(伊: Lisa Gherardini)は、イタリアのフィレンツェとトスカーナの旧家であるゲラルディーニ家の女性。夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドがルネサンス盛期の画家レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼して描かせた肖像画は、リザの名前から『モナ・リザ』と呼ばれている。 リザの生涯についてはあまり伝わっていない。フィレンツェで生まれ、後にフィレンツェの行政官となる絹布商人フランチェスコに10代で嫁いだ。5人の子供に恵まれ、平穏でごく普通の中流階級の暮らしを送ったと考えられている。リザは年長だったと思われる夫よりも長生きした。 リザの死後数世紀を経て、『モナ・リザ』は世界でもっとも有名な絵画作品となっていったが、モデルとなった実在の女性リザ・デル・ジョコンドの存在は忘れられていった。実在のリザとは無関係に、美術学者や美術愛好家によって『モナ・リザ』は世界的に有名なアイコンとなり、商業化されていったのである。しかしながら、2005年にリザこそが『モナ・リザ』のモデルだったということが決定的に証明された。 (ja)
  • リザ・デル・ジョコンド(伊: Lisa del Giocondo、1479年6月15日 - 1542年7月15日 / 1551年頃)、またはリザ・ゲラルディーニ(伊: Lisa Gherardini)は、イタリアのフィレンツェとトスカーナの旧家であるゲラルディーニ家の女性。夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドがルネサンス盛期の画家レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼して描かせた肖像画は、リザの名前から『モナ・リザ』と呼ばれている。 リザの生涯についてはあまり伝わっていない。フィレンツェで生まれ、後にフィレンツェの行政官となる絹布商人フランチェスコに10代で嫁いだ。5人の子供に恵まれ、平穏でごく普通の中流階級の暮らしを送ったと考えられている。リザは年長だったと思われる夫よりも長生きした。 リザの死後数世紀を経て、『モナ・リザ』は世界でもっとも有名な絵画作品となっていったが、モデルとなった実在の女性リザ・デル・ジョコンドの存在は忘れられていった。実在のリザとは無関係に、美術学者や美術愛好家によって『モナ・リザ』は世界的に有名なアイコンとなり、商業化されていったのである。しかしながら、2005年にリザこそが『モナ・リザ』のモデルだったということが決定的に証明された。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 0015-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 0015-01-01 (xsd:gYear)
dbo:nationality
dbo:stateOfOrigin
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2251191 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18986 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72066627 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --06-15
prop-ja:birthPlace
prop-ja:caption
prop-ja:children
  • マリエッタ・デル・ジョコンド(修道女ルドヴィカ) (ja)
  • バルトロメオ・デル・ジョコンド(義息) (ja)
  • カミーラ・デル・ジョコンド(修道女ベアトリーチェ) (ja)
  • アンドレア・デル・ジョコンド (ja)
  • ジョコンド・デル・ジョコンド (ja)
  • ピエロ・デル・ジョコンド (ja)
  • マリエッタ・デル・ジョコンド(修道女ルドヴィカ) (ja)
  • バルトロメオ・デル・ジョコンド(義息) (ja)
  • カミーラ・デル・ジョコンド(修道女ベアトリーチェ) (ja)
  • アンドレア・デル・ジョコンド (ja)
  • ジョコンド・デル・ジョコンド (ja)
  • ピエロ・デル・ジョコンド (ja)
prop-ja:deathDate
  • --07-15
prop-ja:deathPlace
  • イタリア、フィレンツェ、聖オルソラ女子修道院 (ja)
  • イタリア、フィレンツェ、聖オルソラ女子修道院 (ja)
prop-ja:name
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
prop-ja:nationality
prop-ja:parents
  • アントンマリア・ディ・ノールド・ゲラルディーニ (ja)
  • ルクレツィア・デル・カッチア (ja)
  • アントンマリア・ディ・ノールド・ゲラルディーニ (ja)
  • ルクレツィア・デル・カッチア (ja)
prop-ja:spouse
  • フランチェスコ・デル・ジョコンド (ja)
  • フランチェスコ・デル・ジョコンド (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • リザ・デル・ジョコンド(伊: Lisa del Giocondo、1479年6月15日 - 1542年7月15日 / 1551年頃)、またはリザ・ゲラルディーニ(伊: Lisa Gherardini)は、イタリアのフィレンツェとトスカーナの旧家であるゲラルディーニ家の女性。夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドがルネサンス盛期の画家レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼して描かせた肖像画は、リザの名前から『モナ・リザ』と呼ばれている。 リザの生涯についてはあまり伝わっていない。フィレンツェで生まれ、後にフィレンツェの行政官となる絹布商人フランチェスコに10代で嫁いだ。5人の子供に恵まれ、平穏でごく普通の中流階級の暮らしを送ったと考えられている。リザは年長だったと思われる夫よりも長生きした。 リザの死後数世紀を経て、『モナ・リザ』は世界でもっとも有名な絵画作品となっていったが、モデルとなった実在の女性リザ・デル・ジョコンドの存在は忘れられていった。実在のリザとは無関係に、美術学者や美術愛好家によって『モナ・リザ』は世界的に有名なアイコンとなり、商業化されていったのである。しかしながら、2005年にリザこそが『モナ・リザ』のモデルだったということが決定的に証明された。 (ja)
  • リザ・デル・ジョコンド(伊: Lisa del Giocondo、1479年6月15日 - 1542年7月15日 / 1551年頃)、またはリザ・ゲラルディーニ(伊: Lisa Gherardini)は、イタリアのフィレンツェとトスカーナの旧家であるゲラルディーニ家の女性。夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドがルネサンス盛期の画家レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼して描かせた肖像画は、リザの名前から『モナ・リザ』と呼ばれている。 リザの生涯についてはあまり伝わっていない。フィレンツェで生まれ、後にフィレンツェの行政官となる絹布商人フランチェスコに10代で嫁いだ。5人の子供に恵まれ、平穏でごく普通の中流階級の暮らしを送ったと考えられている。リザは年長だったと思われる夫よりも長生きした。 リザの死後数世紀を経て、『モナ・リザ』は世界でもっとも有名な絵画作品となっていったが、モデルとなった実在の女性リザ・デル・ジョコンドの存在は忘れられていった。実在のリザとは無関係に、美術学者や美術愛好家によって『モナ・リザ』は世界的に有名なアイコンとなり、商業化されていったのである。しかしながら、2005年にリザこそが『モナ・リザ』のモデルだったということが決定的に証明された。 (ja)
rdfs:label
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
  • リザ・デル・ジョコンド (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of