ユビキタス (英: ubiquitous) は、遍在(いつでもどこでも存在すること)をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。汎神論的な信念においては、神と宇宙は同一である。万有内在神論的な信念では、神は宇宙に浸透しているが、時間と空間において宇宙を超えている。

Property Value
dbo:abstract
  • ユビキタス (英: ubiquitous) は、遍在(いつでもどこでも存在すること)をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。汎神論的な信念においては、神と宇宙は同一である。万有内在神論的な信念では、神は宇宙に浸透しているが、時間と空間において宇宙を超えている。 (ja)
  • ユビキタス (英: ubiquitous) は、遍在(いつでもどこでも存在すること)をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。汎神論的な信念においては、神と宇宙は同一である。万有内在神論的な信念では、神は宇宙に浸透しているが、時間と空間において宇宙を超えている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 53533 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 656 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1985 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76431194 (xsd:integer)
  • 85771676 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ユビキタス (英: ubiquitous) は、遍在(いつでもどこでも存在すること)をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。汎神論的な信念においては、神と宇宙は同一である。万有内在神論的な信念では、神は宇宙に浸透しているが、時間と空間において宇宙を超えている。 (ja)
  • ユビキタス (英: ubiquitous) は、遍在(いつでもどこでも存在すること)をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。汎神論的な信念においては、神と宇宙は同一である。万有内在神論的な信念では、神は宇宙に浸透しているが、時間と空間において宇宙を超えている。 (ja)
rdfs:label
  • ユビキタス (ja)
  • ユビキタス (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of