マラサイ (MARASAI) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の量産機で、同部隊に配備された「ハイザック」の発展型。ハイザックと同じく、ジオン公国軍のザクIIに似た外観を持つ。当初は主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」に配備されるはずだったが、メーカーの政治的判断によってティターンズ側に配備されたという設定。この設定は、制作現場で実際に起こった出来事を基にしている(後述)。 劇中では主に、ティターンズ士官であるジェリド・メサらが搭乗し、カミーユが搭乗するガンダムMk-IIなどのエゥーゴ側MSと交戦する。続編である『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』でも、ネオ・ジオン軍やジオン軍残党が独自に入手した機体が登場し、カラーリングや武装が変更された機体もある(後述)。 メカニックデザインは小林誠の原案をもとに、藤田一己がクリンナップを行っている。 当記事では、各メディアミックス作品に登場する派生機の解説も行う。

Property Value
dbo:abstract
  • マラサイ (MARASAI) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の量産機で、同部隊に配備された「ハイザック」の発展型。ハイザックと同じく、ジオン公国軍のザクIIに似た外観を持つ。当初は主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」に配備されるはずだったが、メーカーの政治的判断によってティターンズ側に配備されたという設定。この設定は、制作現場で実際に起こった出来事を基にしている(後述)。 劇中では主に、ティターンズ士官であるジェリド・メサらが搭乗し、カミーユが搭乗するガンダムMk-IIなどのエゥーゴ側MSと交戦する。続編である『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』でも、ネオ・ジオン軍やジオン軍残党が独自に入手した機体が登場し、カラーリングや武装が変更された機体もある(後述)。 メカニックデザインは小林誠の原案をもとに、藤田一己がクリンナップを行っている。 当記事では、各メディアミックス作品に登場する派生機の解説も行う。 (ja)
  • マラサイ (MARASAI) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の量産機で、同部隊に配備された「ハイザック」の発展型。ハイザックと同じく、ジオン公国軍のザクIIに似た外観を持つ。当初は主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」に配備されるはずだったが、メーカーの政治的判断によってティターンズ側に配備されたという設定。この設定は、制作現場で実際に起こった出来事を基にしている(後述)。 劇中では主に、ティターンズ士官であるジェリド・メサらが搭乗し、カミーユが搭乗するガンダムMk-IIなどのエゥーゴ側MSと交戦する。続編である『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』でも、ネオ・ジオン軍やジオン軍残党が独自に入手した機体が登場し、カラーリングや武装が変更された機体もある(後述)。 メカニックデザインは小林誠の原案をもとに、藤田一己がクリンナップを行っている。 当記事では、各メディアミックス作品に登場する派生機の解説も行う。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 117347 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15424 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80693698 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×8 (ja)
  • 加速及び補助バーニア×10 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×8 (ja)
  • 加速及び補助バーニア×10 (ja)
prop-ja:センサー
  • 10,900m (ja)
  • 11,800m (ja)
  • 10,900m (ja)
  • 11,800m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 59.4
  • 55.7
prop-ja:全長
  • 20.5m (ja)
  • 20.2m (ja)
  • 20.5m (ja)
  • 20.2m (ja)
prop-ja:全高
  • 20.5m (ja)
  • 20.5m (ja)
prop-ja:出力
  • 1790.0
prop-ja:名称
  • MARASAI (ja)
  • MARASAI KAI (ja)
  • STRIKE-MARASAI (ja)
  • ストライク・マラサイ (ja)
  • マラサイ (ja)
  • マラサイ改 (ja)
  • MARASAI (ja)
  • MARASAI KAI (ja)
  • STRIKE-MARASAI (ja)
  • ストライク・マラサイ (ja)
  • マラサイ (ja)
  • マラサイ改 (ja)
prop-ja:型式番号
  • RMS-108 (ja)
  • RMS-108 / MSA-002 / MS-22 (ja)
  • RMS-108A (ja)
  • RMS-108 (ja)
  • RMS-108 / MSA-002 / MS-22 (ja)
  • RMS-108A (ja)
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 12000 (xsd:integer)
  • 12400 (xsd:integer)
  • 17000 (xsd:integer)
  • 19300 (xsd:integer)
  • 総推力:74,600kg (ja)
  • 総推力:75,800kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
  • 50 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:ビームライフル_(ガンダムシリーズ)
  • バズーカ (ja)
  • ビーム・サーベル (ja)
  • ビーム・サーベル×2 (ja)
  • ビーム・ライフル (ja)
  • 海ヘビ (ja)
  • フェダーイン・ライフル (ja)
  • クラッカー・ラック (ja)
  • スモーク・ディスチャージャー×5 (ja)
prop-ja:生産形態
  • 量産機 (ja)
  • カスタム機 (ja)
  • 現地改修機 (ja)
  • 量産機 (ja)
  • カスタム機 (ja)
  • 現地改修機 (ja)
prop-ja:装甲
  • ガンダリウム合金 (ja)
  • ガンダリウムα (ja)
  • ガンダリウム合金 (ja)
  • ガンダリウムα (ja)
prop-ja:製造
prop-ja:重量
  • 30.3
  • 33.1
prop-ja:頭頂高
  • 17.5m (ja)
  • 18.5m (ja)
  • 17.5m (ja)
  • 18.5m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • マラサイ (MARASAI) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の量産機で、同部隊に配備された「ハイザック」の発展型。ハイザックと同じく、ジオン公国軍のザクIIに似た外観を持つ。当初は主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」に配備されるはずだったが、メーカーの政治的判断によってティターンズ側に配備されたという設定。この設定は、制作現場で実際に起こった出来事を基にしている(後述)。 劇中では主に、ティターンズ士官であるジェリド・メサらが搭乗し、カミーユが搭乗するガンダムMk-IIなどのエゥーゴ側MSと交戦する。続編である『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』でも、ネオ・ジオン軍やジオン軍残党が独自に入手した機体が登場し、カラーリングや武装が変更された機体もある(後述)。 メカニックデザインは小林誠の原案をもとに、藤田一己がクリンナップを行っている。 当記事では、各メディアミックス作品に登場する派生機の解説も行う。 (ja)
  • マラサイ (MARASAI) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の量産機で、同部隊に配備された「ハイザック」の発展型。ハイザックと同じく、ジオン公国軍のザクIIに似た外観を持つ。当初は主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」に配備されるはずだったが、メーカーの政治的判断によってティターンズ側に配備されたという設定。この設定は、制作現場で実際に起こった出来事を基にしている(後述)。 劇中では主に、ティターンズ士官であるジェリド・メサらが搭乗し、カミーユが搭乗するガンダムMk-IIなどのエゥーゴ側MSと交戦する。続編である『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』でも、ネオ・ジオン軍やジオン軍残党が独自に入手した機体が登場し、カラーリングや武装が変更された機体もある(後述)。 メカニックデザインは小林誠の原案をもとに、藤田一己がクリンナップを行っている。 当記事では、各メディアミックス作品に登場する派生機の解説も行う。 (ja)
rdfs:label
  • マラサイ (ja)
  • マラサイ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:武装 of
is foaf:primaryTopic of