マイケル・バクサンドール(Michael David Kighley Baxandall, 1933年8月18日 - 2008年8月12日)は、イギリス出身の美術史家。長くヴァールブルク研究所の教授を務め、20世紀後半の欧米の美術史学において中心的な役割を果たした。

Property Value
dbo:abstract
  • マイケル・バクサンドール(Michael David Kighley Baxandall, 1933年8月18日 - 2008年8月12日)は、イギリス出身の美術史家。長くヴァールブルク研究所の教授を務め、20世紀後半の欧米の美術史学において中心的な役割を果たした。 (ja)
  • マイケル・バクサンドール(Michael David Kighley Baxandall, 1933年8月18日 - 2008年8月12日)は、イギリス出身の美術史家。長くヴァールブルク研究所の教授を務め、20世紀後半の欧米の美術史学において中心的な役割を果たした。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2669497 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3841 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76252548 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • マイケル・バクサンドール(Michael David Kighley Baxandall, 1933年8月18日 - 2008年8月12日)は、イギリス出身の美術史家。長くヴァールブルク研究所の教授を務め、20世紀後半の欧米の美術史学において中心的な役割を果たした。 (ja)
  • マイケル・バクサンドール(Michael David Kighley Baxandall, 1933年8月18日 - 2008年8月12日)は、イギリス出身の美術史家。長くヴァールブルク研究所の教授を務め、20世紀後半の欧米の美術史学において中心的な役割を果たした。 (ja)
rdfs:label
  • マイケル・バクサンドール (ja)
  • マイケル・バクサンドール (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of