ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年)は、ルネサンス期のイタリアのを代表する画家。 1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した。当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた。 ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリ、ギルランダイオらとともに、バチカン、システィーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。

Property Value
dbo:abstract
  • ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年)は、ルネサンス期のイタリアのを代表する画家。 1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した。当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた。 ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリ、ギルランダイオらとともに、バチカン、システィーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。 (ja)
  • ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年)は、ルネサンス期のイタリアのを代表する画家。 1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した。当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた。 ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリ、ギルランダイオらとともに、バチカン、システィーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。 (ja)
dbo:birthName
  • ピエトロ・ヴァンヌッチ (ja)
  • ピエトロ・ヴァンヌッチ (ja)
dbo:nationality
dbo:wikiPageID
  • 81548 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2993 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72460659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthname
  • ピエトロ・ヴァンヌッチ (ja)
  • ピエトロ・ヴァンヌッチ (ja)
prop-ja:caption
  • 自画像 (ja)
  • 自画像 (ja)
prop-ja:name
  • ペルジーノ (ja)
  • ペルジーノ (ja)
prop-ja:nationality
  • ペルージャ (ja)
  • ペルージャ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年)は、ルネサンス期のイタリアのを代表する画家。 1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した。当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた。 ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリ、ギルランダイオらとともに、バチカン、システィーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。 (ja)
  • ペルジーノ(Perugino, 1448年頃 - 1523年)は、ルネサンス期のイタリアのを代表する画家。 1450年頃、ペルージャ近郊のチッタ・デッラ・ピエーヴェに生まれる。本名はピエトロ・ヴァンヌッチ。「ペルジーノ」は「ペルージャ人」の意味である。フィレンツェのヴェロッキオの工房にて油彩を習得した。当時極めて人気の高い画家であり、多くの助手や徒弟を抱えて制作活動を展開したが、その注文の多さが原因で同じモチーフを繰り返しつつも質の劣る作品を描いた。 ペルジーノの事績のうち重要なことは、ボッティチェリ、ギルランダイオらとともに、バチカン、システィーナ礼拝堂の壁画装飾を担当したことである。ペルジーノは、この壁画制作にあたり棟梁的な役目を果たしたとみなされており、若きラファエロの師でもあった。イタリア中から発注を受け「神のごとき画家」と賞賛されるも、宗教改革以降に多くの祭壇画が散逸してしまった。 (ja)
rdfs:label
  • ペルジーノ (ja)
  • ペルジーノ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ペルジーノ (ja)
  • ペルジーノ (ja)
is dbo:creator of
is dbo:painter of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is foaf:primaryTopic of