ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。

Property Value
dbo:abstract
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 安定して飛行できるヘリコプターが誕生したのは、ナチス・ドイツであったとされる(を参照)。離発着に滑走路が不要なため、現代においては民生と軍事(攻撃ヘリコプターなど)を含む幅広い用途で使われている(を参照)。無人ヘリコプターも実用化されているが、安定した飛行がしやすいようにローターを多数(4つや8つなど)備えた無人航空機はドローンに分類されることが多い。 (ja)
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 安定して飛行できるヘリコプターが誕生したのは、ナチス・ドイツであったとされる(「」参照)。離発着に滑走路が不要なため、現代においては民生と軍事(攻撃ヘリコプターなど)を含む幅広い用途で使われている(「」参照)。無人ヘリコプターも実用化されているが、安定した飛行がしやすいようにローターを多数(4つや8つなど)備えた無人航空機はドローンに分類されることが多い。 (ja)
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 安定して飛行できるヘリコプターが誕生したのは、ナチス・ドイツであったとされる(を参照)。離発着に滑走路が不要なため、現代においては民生と軍事(攻撃ヘリコプターなど)を含む幅広い用途で使われている(を参照)。無人ヘリコプターも実用化されているが、安定した飛行がしやすいようにローターを多数(4つや8つなど)備えた無人航空機はドローンに分類されることが多い。 (ja)
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 安定して飛行できるヘリコプターが誕生したのは、ナチス・ドイツであったとされる(「」参照)。離発着に滑走路が不要なため、現代においては民生と軍事(攻撃ヘリコプターなど)を含む幅広い用途で使われている(「」参照)。無人ヘリコプターも実用化されているが、安定した飛行がしやすいようにローターを多数(4つや8つなど)備えた無人航空機はドローンに分類されることが多い。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20223 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 40351 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 42307 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81195691 (xsd:integer)
  • 86636428 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:alt
  • CH-47Fの画像 (ja)
  • Ka-50の画像 (ja)
  • MI-12の画像 (ja)
  • カマン K-MAXの画像 (ja)
  • CH-47Fの画像 (ja)
  • Ka-50の画像 (ja)
  • MI-12の画像 (ja)
  • カマン K-MAXの画像 (ja)
prop-ja:caption
  • サイドバイサイドローター式 Mi-12 (ja)
  • タンデムローター式 CH-47F (ja)
  • 交差双ローター式 K-MAX (ja)
  • 同軸反転式 Ka-50 (ja)
  • サイドバイサイドローター式 Mi-12 (ja)
  • タンデムローター式 CH-47F (ja)
  • 交差双ローター式 K-MAX (ja)
  • 同軸反転式 Ka-50 (ja)
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:direction
  • vertical (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:header
  • ツインローター式 (ja)
  • ツインローター式 (ja)
prop-ja:image
  • A pilot flying a CH-47F Chinook helicopter with a flight crew assigned to Bravo Company, 2nd Battalion, 25th Aviation Regiment, 25th Combat Aviation Brigade conducts rappel operations with U.S. Navy divers 130618-A-UG106-580.jpg (ja)
  • Kamov Ka-50 MAKS 2005.jpg (ja)
  • MI-12.JPG (ja)
  • USMC-17567.jpg (ja)
  • A pilot flying a CH-47F Chinook helicopter with a flight crew assigned to Bravo Company, 2nd Battalion, 25th Aviation Regiment, 25th Combat Aviation Brigade conducts rappel operations with U.S. Navy divers 130618-A-UG106-580.jpg (ja)
  • Kamov Ka-50 MAKS 2005.jpg (ja)
  • MI-12.JPG (ja)
  • USMC-17567.jpg (ja)
prop-ja:width
  • 190 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 (ja)
  • ヘリコプター(英語: helicopter)は、回転翼機に分類される航空機の一種。垂直方向の軸に配置したローター(回転翼)をエンジンの力で回転させて揚力を得て、出力やローターの描く面(回転面・円盤面)を変化させることで進行方向への推進力を得たり、ホバリング(空中での停止)を含めて高度を調整したりできる。飛行にはローターで動かす大気の存在が前提となる。 ヘリコプターという名称はギリシャ語のヘリックス (ἕλιξ hélix・螺旋) とプテロン (πτερόν pterón・翼) を語源とする。このヘリックスに由来する接頭辞エリコ (フランス語: helico-・螺旋の)とプテロンを組み合わせて作られた造語・エリコプテール (フランス語: hélicoptère) が1861年にギュスターヴ・ポントン・ダメクールによって命名された。この単語が英語ではヘリコプター (helicopter) という形になり、日本語のヘリコプターという表記も英語の発音に由来する。 「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略されるほか、英語では「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。ローターが大気を切る(chop)することから、軍用ヘリが投入された朝鮮戦争時にスラングとして発生し、ベトナム戦争で普及した。 (ja)
rdfs:label
  • ヘリコプター (ja)
  • ヘリコプター (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:deathCause of
is dbo:product of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:兵種 of
is prop-ja:分類 of
is prop-ja:搭載機 of
is prop-ja:死因 of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:艦載機 of
is prop-ja:飛行甲板 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of