プロティロ(イタリア語:protiro)は、イタリア北部のロマネスク建築に見られる、扉口に張り出した建築構造である。プロテュルム(ラテン語:Prothyrum)とも。日本語では「柱廊式玄関」、「車寄せ」などと表記されることがある。ポルチコの中でも、より小さな構造体のことを特にプロティロと呼ぶ。 下から順に、ライオンなどの彫像、その上に円柱が伸び、円柱にかかる屋根で締めくくられる、という決まったパーツの組み合わせで構成される。下部の彫像についてはライオンが多いが、象や雄牛の場合もある。屋根は扉口のタンパンとヴシュール(タンパンを囲むアーチのこと。この集合体がアーキヴォルト)を完全に覆うように設置され、基本的に形状は切妻屋根で多くは2層構造、内側は短い筒型ヴォールトである。 上部にある屋根にもいくつかの彫像(聖人像や擬人像)を配置した大掛かりなプロティロもあるが、計画倒れになったケースもあったとされる。

Property Value
dbo:abstract
  • プロティロ(イタリア語:protiro)は、イタリア北部のロマネスク建築に見られる、扉口に張り出した建築構造である。プロテュルム(ラテン語:Prothyrum)とも。日本語では「柱廊式玄関」、「車寄せ」などと表記されることがある。ポルチコの中でも、より小さな構造体のことを特にプロティロと呼ぶ。 下から順に、ライオンなどの彫像、その上に円柱が伸び、円柱にかかる屋根で締めくくられる、という決まったパーツの組み合わせで構成される。下部の彫像についてはライオンが多いが、象や雄牛の場合もある。屋根は扉口のタンパンとヴシュール(タンパンを囲むアーチのこと。この集合体がアーキヴォルト)を完全に覆うように設置され、基本的に形状は切妻屋根で多くは2層構造、内側は短い筒型ヴォールトである。 上部にある屋根にもいくつかの彫像(聖人像や擬人像)を配置した大掛かりなプロティロもあるが、計画倒れになったケースもあったとされる。 (ja)
  • プロティロ(イタリア語:protiro)は、イタリア北部のロマネスク建築に見られる、扉口に張り出した建築構造である。プロテュルム(ラテン語:Prothyrum)とも。日本語では「柱廊式玄関」、「車寄せ」などと表記されることがある。ポルチコの中でも、より小さな構造体のことを特にプロティロと呼ぶ。 下から順に、ライオンなどの彫像、その上に円柱が伸び、円柱にかかる屋根で締めくくられる、という決まったパーツの組み合わせで構成される。下部の彫像についてはライオンが多いが、象や雄牛の場合もある。屋根は扉口のタンパンとヴシュール(タンパンを囲むアーチのこと。この集合体がアーキヴォルト)を完全に覆うように設置され、基本的に形状は切妻屋根で多くは2層構造、内側は短い筒型ヴォールトである。 上部にある屋根にもいくつかの彫像(聖人像や擬人像)を配置した大掛かりなプロティロもあるが、計画倒れになったケースもあったとされる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2740645 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4994 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81522507 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • プロティロ(イタリア語:protiro)は、イタリア北部のロマネスク建築に見られる、扉口に張り出した建築構造である。プロテュルム(ラテン語:Prothyrum)とも。日本語では「柱廊式玄関」、「車寄せ」などと表記されることがある。ポルチコの中でも、より小さな構造体のことを特にプロティロと呼ぶ。 下から順に、ライオンなどの彫像、その上に円柱が伸び、円柱にかかる屋根で締めくくられる、という決まったパーツの組み合わせで構成される。下部の彫像についてはライオンが多いが、象や雄牛の場合もある。屋根は扉口のタンパンとヴシュール(タンパンを囲むアーチのこと。この集合体がアーキヴォルト)を完全に覆うように設置され、基本的に形状は切妻屋根で多くは2層構造、内側は短い筒型ヴォールトである。 上部にある屋根にもいくつかの彫像(聖人像や擬人像)を配置した大掛かりなプロティロもあるが、計画倒れになったケースもあったとされる。 (ja)
  • プロティロ(イタリア語:protiro)は、イタリア北部のロマネスク建築に見られる、扉口に張り出した建築構造である。プロテュルム(ラテン語:Prothyrum)とも。日本語では「柱廊式玄関」、「車寄せ」などと表記されることがある。ポルチコの中でも、より小さな構造体のことを特にプロティロと呼ぶ。 下から順に、ライオンなどの彫像、その上に円柱が伸び、円柱にかかる屋根で締めくくられる、という決まったパーツの組み合わせで構成される。下部の彫像についてはライオンが多いが、象や雄牛の場合もある。屋根は扉口のタンパンとヴシュール(タンパンを囲むアーチのこと。この集合体がアーキヴォルト)を完全に覆うように設置され、基本的に形状は切妻屋根で多くは2層構造、内側は短い筒型ヴォールトである。 上部にある屋根にもいくつかの彫像(聖人像や擬人像)を配置した大掛かりなプロティロもあるが、計画倒れになったケースもあったとされる。 (ja)
rdfs:label
  • プロティロ (ja)
  • プロティロ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of